用途・事例

エレクトロスプレーとは、液体の入った細管に高電圧を印加することで、帯電した液体が噴射される現象のことです。この現象は、エレクトロスプレーイオン化(英: Electrospray ionization、ESI)といった質量分析(LC-MS)や、静電噴霧(Electrostatic Atomization)、静電塗布(Electrostatic Dispensing)といった表面処理や機能材料の開発に使われています。
また、この現象を利用して、フェムトリアクターと呼ばれる微小な反応場を使った材料や化合物、医薬品の開発が進められています。

エレクトロスプレー(静電噴霧)のしくみ

松定プレシジョンでは、エレクトロスプレーに使われる高電圧電源を製造販売しております。エレクトロスプレーイオン化(分析)に使用される電圧は、2,000V(2kV)から5,000V(5kV)くらいですが、フェムトリアクターと呼ばれる材料開発では30kVくらいまでの低リップル、高安定度の高圧電源が利用されています。

関連ワード:
  • 静電噴霧
  • 静電塗布
  • スプレーイオン化(ESI)
  • エレクトロハイドロダイナミック(EHD)
  • フェムトリアクター
  • ナノ粒子