技術コラム

X線の焦点サイズは画像にボケを生じさせます。写真のようにICを透視した場合、焦点サイズが小さいタイプの方がハッキリと見えます。

焦点が小さいタイプ
焦点が大きいタイプ

医療機関などでX線撮影に用いられている装置のX線源はその焦点サイズがミリ単位であり、ミリフォーカスX線源と呼ばれています。一般に焦点が小さくなるほど、透視の分解能は上がります。高い分解能は透視画像をより精細にします。

ミリフォーカスX線源に対して焦点サイズがミクロン単位のものをマイクロフォーカスX線源といい、高解像度が必要とされる透視に用います。

高解像度なものとそうでないものとでは、判定能力にハッキリと差が出ます。高解像度なマイクロフォーカスX線が映し出すハッキリした画像で部品・材料や食品などの小さな異常・異変が見つけやすくなります。

この絵はX線の焦点径によって生じる透過画像の解像度の違いです。

製品詳細は、X線検査装置/X線CTをご覧下さい。

また、ご用途やご希望のスペックをご連絡いただければ専門スタッフよりご回答させていただきます。個別カタログ・お問合せよりお気軽にご相談下さい。