技術コラム

非破壊検査とはモノを壊さないで検査する方法です。検査物にキズをつけたり、破壊したりしないでその物質の性能、構造、欠陥を調べる検査のことを言います。

種類名称主な特長
内部を検査する 放射線透過検査 検査物にX線やガンマ線を照射し正常な部分と欠陥のある部分の透過線量の違いによって検出する方法です。 製品詳細は「X線検査装置/X線CT」をご覧下さい。
超音波探傷検査 検査物に超音波を送信し欠陥のある部分からの反射により検出する方法です。
表面を検査する 磁気探傷検査 検査物を磁化したときに表面のキズにより発生した漏洩磁束に磁粉を吸着させることで検出する方法です。
浸透探傷検査 検査物に浸透液を塗布し、表面キズにしみこんだ浸透液を現像することにより検出する方法です。
電磁誘導検査 検査物に電流を流したコイルを近づけた時に誘導される渦電流が表面キズによって変化することにより検出する方法です。

表中の検査以外にも、ひずみ試験、赤外線検査、目視による検査などがあります。

X線非破壊検査 選定ガイド

非破壊検査装置を選定する場合、試料の大きさとどのように見るかがポイントになります。
ご用途やご希望のスペックをご連絡いただければ専門スタッフよりご回答させていただきます。
お問い合わせよりお気軽にご相談下さい。