よくあるご質問よくあるご質問

高圧アンプで使用する出力ケーブルがシールドされていないのはなぜ?

直流電源の出力線にシールドを施すと、ノイズ遮蔽効果やケーブル容量による高周波成分低減効果が得られます。ところが交流出力を行う電源の場合、シールドで発生する容量によってケーブル内に電流が流れて電力損失(=発熱)が生じてしまいます。また、その容量によって出力の位相ズレや周波数帯域上限の低下も生じるため、高圧アンプでは出力ケーブルはノンシールドタイプを採用しています。

カテゴリー

電源の選び方(2)
電源の性能(3)
電源の使い方(19)
販売に関して(3)
製品サポート(5)
X線検査装置(6)

最近の記事

X線透過検査装置は、どれを選べばいいの?
X線装置を使うには免許が必要ですか?
一般的なCTと工業用のCTとは何が違うの?
マイクロフォーカスX線とは?
X線検査装置の安全な使い方を知りたいです。

お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせは電話0120-747-636

製品情報
電源装置
非破壊検査関連機器
外観検査関連機器
分析機器
生産性/環境改善関連機器
レーザマーカ
光センサ
導入事例
導入事例
(アプリケーション・用途)
最新情報
お知らせ・イベント情報
コラム
企業情報
会社概要
経営理念
事業内容
沿革
事業所一覧
採用情報
募集要項
社員の声
松定とは
採用Q&A
エントリー
2020年卒対象インターンシップ
お問い合わせ
よくあるご質問
カタログ請求
価格お問い合せ
技術お問い合わせ
ご相談窓口