• POAシリーズ
  • POAシリーズ

POAシリーズ

超高速応答四象限バイポーラ電源

DC~最高1MHzの圧倒的な高速応答を実現した四象限バイポーラ電源

DC~最高1MHzの圧倒的な広帯域・高速応答と四象限出力で負荷を選ばず安定した動作が可能

POAシリーズは、DC~最高1MHzの広帯域・超高速応答を実現した四象限バイポーラ電源です。この圧倒的な高速応答を活かして過渡応答試験などに最適です。また、直流電源としても直流電子負荷としても使用できる四象限動作により、トランスなどの誘導性負荷でも、キャパシタなどの容量性負荷、あるいはモータや各種二次電池、ピエゾ素子などの様々な負荷にお使い頂けます。DC出力時にも最大電流を出力できる汎用性の高い製品です。

特長

  • DC~1MHzまたは500kHzの高速応答を実現。
  • 電流の出力(ソース)や吸込(シンク)が可能な四象限動作。
  • DCバイアス機能を標準装備。
  • DC出力時においても最大電流を出力可能。
  • 過電圧、過電流および出力短絡保護を備えた安心・安全設計。

主な用途

  • コイルやトランス等の誘導性負荷の評価試験
  • 車載電装品の電圧変動試験
  • キャパシタやディスプレイパネル等の容量性負荷の評価試験
  • キャパシタのリップル試験
  • 各種モータの評価試験
  • 太陽電池関連機器の評価試験
  • ピエゾ素子の駆動など

ラインナップ

モデル名 出力電圧(V) 出力電流(A) 出力電力(W) お問い合わせ
POA75-1 ±75V ±1 75 購入前 購入後
POA75-2 ±2 150 購入前 購入後
POA75-4 ±4 300 購入前 購入後
POA150-1 ±150V ±1 150 購入前 購入後
POA150-2 ±2 300 購入前 購入後

仕様

外観説明

フロントパネル 超高速応答四象限バイポーラ電源・機能説明・フロントパネル
リアパネル 超高速応答四象限バイポーラ電源・機能説明・リアパネル
  1. バイアスON/OFFスイッチ
  2. バイアス設定ダイアル
  3. POWER ON/OFFスイッチ
  4. OUTPUT 表示LED
  5. OUTPUT ON/OFFスイッチ
  6. 電圧メータ
  7. 電流メータ
  8. Vcon-in端子
  9. 電圧モニタ端子
  10. ドアスイッチ
  11. リモートスイッチON/OFF
  12. 出力端子
  13. AC入力端子

BIAS(バイアス)の使用について

「バイアスON/OFFスイッチ」をONにしますと「バイアス設定ダイヤル」にてバイアスを可変することができます。

目盛り 出力電圧
000(ccw) -定格
500 0V
1000(cw) +定格

機能

保護機能について

オーバーボルテージ保護(O.V.P)

本機には、オーバーボルテージ保護があり、異常時でも定格出力電圧の約110%でリミットされ、負荷を保護します。

オーバーカレント保護(O.C.P)

本機には、オーバーカレント保護があり、過負荷時でも定格出力電流の約110%でリミットされ、電源・負荷を保護します。

高速過電流保護について

本機の過電流保護はパルス電流を制限する高速過電流保護回路と定常電流を制限するオーバーカレント保護回路の2種類を装備しております。上記のオーバーカレント保護(O.C.P)は定常電流を制限するもので、応答速度は約1msecです。これとは別に高速応答型の電流制限回路が付加されており、矩形波や容量負荷時のパルス電流を定格電流の約2倍で制限します。

超高速応答四象限バイポーラ電源・パルス電流を制限する高速過電流保護回路と定常電流を制限するオーバーカレント保護回路の2種類を装備

出力範囲について

本機は、四象限動作可能なバイポーラ電源です。下図の領域で電流の供給(ソース)、吸収(シンク)が可能です。

電流の供給と吸収の図

Vo max:定格出力電圧
Io max:定格出力電流

電流の供給と吸収の図

「高周波利用設備」該当品です。

POAシリーズは、電波法第100条の規定により、総務大臣の使用許可を必要とする「高周波利用設備」に該当致します(周波数10kHzで、出力電力50Wを越えて使用する場合に必要)。許可申請の詳細については、管轄の総合通信局にお問い合わせください。

外部制御電圧について

外部制御電圧の電圧発生器として、当社のPSXシリーズ(直流用)、eK-FGJシリーズ(交流用)を推奨いたします。

デジタル電圧発生器PSXシリーズ

  • 横幅わずか69mmのバイポーラ型デジタル電圧発生器。
  • 1mV単位の高精度出力。
  • ファンクションジェネレータ機能搭載モデルもご用意。
短形波 10mHz~1kHz
三角波 10mHz~10Hz
正弦波
ノコギリ波
デジタル電圧発生器PSXシリーズ
超高速応答バイポーラ電源・ファンクションジェネレータek-FGJシリーズ

ファンクションジェネレータeK-FGJシリーズ

  • 出力値を「当社アンプ電源の出力値」に変換して表示可能
  • 直観的な操作・設定が可能
  • 周波数レンジ:0.01Hz~1MHz
ファンクションジェネレータeK-FGJシリーズ
四象限高速バイポーラ電源・ファンクションジェネレータek-FGJシリーズ

オプション

-LN:停電保護なし

-LVs:出力レンジ切替

±75V出力モデルは以下の3レンジに切替が可能

L:-125V~+25V M:-75V~+75V H:-25V~+125V

±150V出力モデルは以下の3レンジに切替が可能

L:-250V~+50V M:-150V~+150V H:-50V~+250V

超高速応答バイポーラ電源・オプション・出力レンジ切替

ご発注方法

ご発注時は、上記のオプション記号を型名の後につけてください。

〈例〉POA150-2-LNVs (アルファベット順)

アンプの特性

立上り時間

(ステップ時間)・・・応答性を立上り時間で表現することもあります。 一般的に応答速度(=周波数帯域)fc(Hz)のアンプの立上り時間は tr≒0.35/fcで求められます。立下り時間 tf は tr と同じです。
周波数帯域:~1MHzの場合、tr=tf=約0.35μs
     :~500kHzの場合、tr=tf=約0.7μsとなります。

超高速応答バイポーラ電源・立上り時間のイメージ図

応答速度

正確な出力波形を必要とされる場合には、使用周波数よりも十分に高い周波数帯域をもつアンプを選択してください。
通常、正弦波で使用する場合では3~5倍、矩形波で使用する場合では10倍の速い周波数帯域が必要です。周波数帯域が不足しますと、出力振幅が減少するだけでなく入出力位相差が大きくなりますので、出力波形をモニターして使用するなどの注意が必要になります。

超高速応答バイポーラ電源・応答速度のイメージ図

容量負荷について

容量負荷の場合、発振を起こす場合があります。
その場合はパワー抵抗を出力に直列に挿入してください。
また、容量負荷では直列に挿入した抵抗と容量により周波数帯域が制限されますので注意してください。

誘導負荷について

誘導性負荷のインダクタンスによっては共振する場合があります。その場合は、出力端子間にC-R直列回路を接続して共振を起こさないようにしてください。

ダウンロード

ダウンロードには会員登録が必要です。

本サイトでは、取扱説明書等の資料は全て最新版のみを公開しています。お持ちの製品によっては資料の版が異なる場合もありますのでご了承ください。

未登録の方はこちら

新規会員登録(無料)

会員の方はこちら

ログイン

電源装置

電源装置に関する製品を探す