ECDシリーズ

新たに0ボルト入力対応モデルが新登場

充放電電源 ECDシリーズ

単セルに1台のECDを接続すれば直列接続された各セルの電圧・電流・温度の測定が可能

ECDシリーズは、手狭な実験机にも難なく置ける超小型設計の充放電電源です。横幅が84mmというコンパクトサイズで最大108Wの充放電に対応することができます。また、横幅がわずか35mmというスリムサイズのモデルもラインナップしています(最大入出力電力:36W)。専用ソフトで多チャンネルの充放電試験を簡単に行うことができます。吸い込み防止機能により、充電休止中の自然放電を最小限に抑えることができます。

お問い合わせ

お気軽にお問合せください

資料ダウンロード

ダウンロードには会員登録が必要です。

本サイトでは、取扱説明書等の資料は全て最新版のみを公開しています。お持ちの製品によっては資料の版が異なる場合もありますのでご了承ください。

ラインナップ

最大出力電圧[V] 入力電圧範囲[V] 入出力 モデル名
電流[A] 電力[W]
5
1.5~5
0~5
25
ECD5-5-LUs1
0~10
50
ECD5-10-LUs1
8
0~8
0~0.5
4
ECD8-0.5-LLzUs1
0~1
8
ECD8-1-LLzUs1
1.5~8
0~0.5
4
ECD8-0.5-LUs1
0~1
8
ECD8-1-LUs1
0~2
16
ECD8-2-LUs1
0~3
24
ECD8-3-LUs1
18
1.5~18
0~0.5
9
ECD18-0.5-LUs1
0~1
18
ECD18-1-LUs1
0~2
36
ECD18-2-LUs1
0~4
72
ECD18-4-LUs1
0~6
108
ECD18-6-LUs1 ※
35
1.5~35
0~3
105
ECD35-3-LUs1
お問い合わせ

添付品

小型充放電電源試験電源・本体を支えるグラウンドプレートが84mm幅モデルに添付されます

※84mm幅のモデルは、リアパネルにグラウンド端子があるため添付されません。

特長

  1. 様々な電池の充放電試験に対応
  2. 専用ソフトにより様々な充放電試験をこの1台で実現
  3. USBインターフェースを標準装備
  4. 0V入力対応モデルもラインナップ
  5. 電池の温度測定データも同時に取れる
  6. 高分解能D/A・A/Dコンバータを搭載
3つの充電モード
  • 定電流・定電圧(CC・CV)充電

    電流値・電圧値をともに設定することにより、設定した値以上に出力されないように設定できます。

    小型充放電電源試験電源・定電流・定電圧充電モード

  • 定電流(CC)充電

    設定した電流値で充電します。充電中における端子電圧が変化しても、一定の電流を流すことができます。

    小型充放電電源試験電源・定電流充電モード

  • 定電圧(CV)充電

    設定した電圧値で充電します。充電電流が変化しても、一定の電圧を印加することができます。

    小型充放電電源試験電源・定電圧充電

充電終了条件設定

  • 時間の設定
    最大999時間59分59秒まで、1秒単位で設定することができます。設定時間に達すると充電を終了します。
  • 電圧の設定
    完了する電圧を設定し、バッテリーの端子電圧が設定値に達すると充電を終了します。(定電流充電時のみ)
  • 電流の設定
    完了する電流を設定し、バッテリーに流れる電流が設定値に達すると充電を終了します。(定電圧充電時のみ)
  • -⊿Vの設定
    バッテリーによっては、充電完了時に電圧が上昇し、その後電圧が下降して充電が完了するものがあります。その時の電圧下降値を測定し、設定された-⊿Vだけ下降した時に充電を終了します。
3つの放電モード
  • 定電流(CC)放電

    設定した電流値で放電します。放電中に端子電圧が変化しても、一定の電流を流すことができます。

    小型

充放電電源試験電源・定電流放電モード

  • 定電力(CP)放電

    設定した電力値で放電します。放電中に端子電圧が変化した場合、変化に応じて一定の電力を消費させることができます。

    小型充放電電源試験電源・定電力放電モード

  • 定抵抗(CR)放電

    設定した抵抗値で放電します。端子電圧の電圧値を測定し、設定値に応じて、放電の電流値を決定します。

    小型充放電電源試験電源・定抵抗放電モード

放電終了条件設定

  • 時間の設定
    最大999時間59分59秒まで、1秒単位で設定することができます。設定時間に達すると放電を終了します。
  • 電圧の設定
    完了する電圧値を設定し、バッテリーの端子電圧が設定値に達すると放電を終了します。

機能

デジタル制御機能

小型充放電電源試験電源・デジタル制御機能一覧

リモート機能
  • ランニング ON / OFF

    小型充放電電源試験電源・リモート機能・ランニングON/OF

    ※+Sがコモンになっていますので、外部コントロール電圧は+Sを基準として入力してください。故障の原因になる場合があります。

  • リモートセンシング

    小型充放電電源試験電源・リモートセンシング

    出力線の抵抗分(R)による電圧降下(Vo-VL)や接触抵抗による安定性の悪化を防止します。(最大0.5Vまで)

ワンコントロール機能(-LGmbオプション選択時)

16台まで接続でき、マスタ機の設定に15台までのスレーブ機が連動して動作します。

(大容量化するための並列接続機能ではありません)

電池温度検出機能

温度センサーで電池の温度を測定し、予め任意に設定していただいた異常温度になると充放電を緊急停止して電池を保護します。異常温度値の設定は本体フロントパネルの操作またはPCによるリモート操作にて行えます。

小型充放電電源試験電源・温度センサー接続の図

※ K熱電対対応ルックアップテーブルを標準で備えています。(K熱電対は添付されません)なお、-LThオプション選択時は、ルックアップテーブルが サーミスタ対応のものに変更となり、サーミスタが添付されます。

各種保護機能

充放電試験において、お客様の接続デバイスや本機を保護するために、各種保護機能をご用意しました。

  • OVP(過電圧保護)
  • OCP(過電流保護)
  • UVP(過放電保護)
  • OPP(過電力保護)
  • OTP(内部過温度保護1)
  • OHP(内部過温度保護2)
  • OBP(外部温度保護)
  • ACF(入力電圧低下)
  • RS(リモートセンス線逆接続保護)

外観

小型充放電電源試験電源・フロントパネル・リアパネルのスイッチおよび表示



AC入力ケーブル

小型充放電電源試験電源・ACケーブル3タイプ

オプション

-LGmデジタルインターフェースボード ※1 ※2

-LGmb : デジタルインターフェース + 通信ケーブル2m長
-LGmb(Mc0.15) : デジタルインターフェース + 通信ケーブル15cm長
-LGmb(Mc0.5) : デジタルインターフェース + 通信ケーブル50cm長

LAN(イーサネット)/USB/RS-232C/RS-485/GPIBでのデジタル制御に加えてマスタースレーブ動作でのワンコントロールを可能にします。(イーサネットは富士ゼロックス株式会社の登録商標です)

小型充放

電電源試験電源・デジタルインターフェース制御

-LThサーミスタ ※3

本体に内蔵されるルックアップテーブルがK熱電対対応のものからサーミスタ対応のものに変更となり、サーミスタ(SEMITEC社製 103AT-2)が1本添付されます。K熱電対をお持ちでなくても温度検出が可能になります。

-LZ持ち運び用ハンドル

持ち運ぶためのハンドルが天面に装着されます。

-L(200V) 200VAC±10%入力 近日発売

入力電流についてはラインナップをご参照ください。

※1 本オプション選択時は、標準のUSBインターフェースは装備されません。
※2 デジタルインターフェースでの機能等、詳細はGPシリーズカタログをご覧下さい。
※3 -LThオプション選択時にはルックアップテーブルが変更されるため、K熱電対は使用できません。

ご発注方法型名については必ず営業担当までご確 認ください。

アクセサリー

(注)アクセサリーに電源は含まれておりません。

ECDシリーズをより便利にお使いいただけるツールもご用意しています。

恒温槽と組み合わせた充放電システムもございます。

ECDシリーズと恒温槽を組み合わせた充放電試験システムは、低温から高温まで幅広い温度条 件下での各種電池の充電・放電試験を可能にします。専用コントロールソフトによりPCからチャンネル毎に多彩な設 定を行うことができるため、様々な試験に対応できます。チャンネル数などの仕様については個別のご相談も承って おりますので、どうぞお気軽に弊社営業担当までお問合せください。

システム構成例

小型充放電電源試験電源・恒温槽と組み合わせた放充電システムの構成例

リモートコントロール用ソフト「ECD-BC」

ECD-BCは、リチウムイオン電池などの各種二次電池の充放電試験を行う際に理想的な電 源制御を実現します。試験条件の設定や試験の実行、試験状態の確認および試験結果の表示・保存が可能です。

※:1チャンネル限定の評価版であるECD-BC-1chを標準添付しています。多チャンネルコントロールを行うECD-BC-512chは別途ご購入いただく必要があります。

特長
・充放電試験の一連の流れ(条件作成→実行→データ確認)を1つのソフトで実現
・最大512台の弊社製充放電試験電源を使用した充放電テストの実行が可能
・テスト実行中もデータログの確認が可能
・エスペック製恒温槽と連動させた充放電試験の実行が可能
・代表的な二次電池のサンプルコンディションをプリインストー ル

テストコンディションの作成

充放電のテストコンディションを作成します。シーケンスパターンは16個まで設定可能で、充放電モードの選択や各保護機能の設定など、目的に合わせた様々なテストコンディションを設定することができます。また、代表的な二次電池(リチウムイオン電池・ニッケル水素電池・鉛蓄電池)を使用した充放電試験用のテストコンディションが予めインストールされているので、使用する電池に応じたテストコンディションを作成する時に参考にしていただけます。

小型充放電電源試験電源・リモートコントロール用ソフトECD-BC、作業手順1、テストコンディション作成のイメージ画面

テストの実行

設定したグループ毎にテストを実行します。実行画面ではシーケンス、恒温槽と電源のステータス、テスト時の電圧値・電流値といった、必要な情報を1つの画面でモニタリングすることができます。また 、複数のグループを平行してテストしている場合、これらのステータスを一括してモニタすることも可能です。

小型充放

電電源試験電源・リモートコントロール用ソフトECD-BC、作業手順2、テスト実行のイメージ画面

測定データの確認

データ確認画面で各種測定データを確認します。シーケンスのサイクル毎に確認が可能で、単位時間毎のステータスや各サイクルの終了条件を確認できます。シーケンスごとに数値または個別のグラフ、一括でのグラフ確認が可能です。また、測定データはCSV形式で出力することができ、表計算ソフトウェアなどで集計や解析を行うことができます。

小型充放電電源試験電源・リモートコントロール用ソフトECD-BC、作業手順3、測定データ確認のイメージ画面



関連コラム記事のご紹介

お問い合わせ

組み合わせて使う製品

RMシリーズ

専用ラックマウントアダプタ

お問い合わせフォーム

ご質問やご不明点等につきましては、担当よりご対応させていただきます。
どうぞお気軽に下記フォームよりお問い合わせください。

どのようなご要望を
お持ちですか?※必須
お問い合わせ内容をご自由に
ご記入ください。※必須
お名前(漢字)※必須
フリガナ※必須
御社名※必須
御所属の部署名
あなたのE-mail※必須(半角で入力)
電話番号※必須(半角で入力)
郵便番号※必須
ご住所※必須
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地

お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせは電話0120-747-636

製品情報
電源装置
非破壊検査関連機器
顕微鏡/デジタルカメラ
分析機器
生産性/環境改善関連機器
レーザマーカ
光センサ
導入事例
導入事例
(アプリケーション・用途)
最新情報
お知らせ・イベント情報
コラム
企業情報
会社概要
経営理念
事業内容
沿革
事業所一覧
採用情報
松定とは
仕事を知る
先輩インタビュー
モノづくりを知る
採用Q&A
募集について
キャリア採用
新卒の方
お問い合わせ
カタログ請求
価格お問い合せ
技術お問い合わせ
ご相談窓口