• µRay8400シリーズ|X線透過検査装置(縦照射型)|松定プレシジョン
  • µRay8400シリーズ|X線透過検査装置(縦照射型)|松定プレシジョン

大型ワーク対応3D搭載可能

X線マイクロファインビュー顕微鏡

CT機能対応 大型ワーク対応3D搭載可能 X線マイクロファインビュー顕微鏡

概要

  • CT機能も搭載可能
  • 重金属におけるまで”精細”に透過観察
  • 特別な知識は必要なし
  • 様々な方向から簡単に解析可能
  • 検査箇所の間違いや判断ミスを低減させるためのサポート
  • 様々な処理ソフトが標準装備

ラインナップ

モデル名 管電圧[kV] 試料台[mm] カメラ視野サイズ[inch] お問い合わせ
µRay8400 40~130 350 × 350 6インチ・4インチデュアルモード 購入前 購入後

機能

透過力重金属におけるまで"精細"に透過観察できます。

130kVのマイクロフォーカスX線で簡単に透過観察

金属に覆われた試料も簡単に観察可能

本機は130kVのマイクロフォーカスを搭載したモデルです。大型ワークの観察や重金属でつくられたワークの観察に最適です。焦点径5µmのX線を搭載していますので拡大観察も可能です。観察したい位置と角度に調整できるステージと多機能な画像処理ソフトにより操作性が向上しています。

試料の出し入れや操作が楽々

広いステージと扉、試料の出し入れが楽にできます。また、正面にしか窓がついていない装置だと、何度も姿勢を変えながら操作することになりますが、横窓がついているので楽な姿勢で操作することができます。

経験を必要としない機能と安全・安心な機能

最新のACC機能

初めてのワークでもクリックするだけ

自動コントラスト調整(Auto Contrust Control:ACC)機能により、画像に合わせた最適なコントラストに調整できます。簡単に精細な透過画像が得られます。

自動エージング機能

メンテナンスは不要

X線を最後に照射した日時を記録しています。その時刻から何時間経過したかに応じて、エージング(=X線源の準備運転)の時間をソフトが自動で判断し、最適なエージングを行います。この機能によって、装置の性能を最大限、発揮させることができます。

エージングを適切に行わないと、X線源の耐用期間が短くなります。

撮影条件の再現機能

前に撮った条件で簡単撮影

前に撮影した画像の撮影条件ファイルを呼び出せば、全て同じ条件で再撮影ができます。誰が使っても間違うことはありません。

インターロック機能

ドアが開いた状態ではX線は照射されません。 またステージも動きません。 もちろん、X線照射中にドアを誤って開けてしまった場合は瞬時にX線出力を停止し、安全を確保します。

オートオフ機能

X線の切り忘れを防止するため、設定した時間が経過すると自動的にX線を停止します。最長1時間の設定が可能です。

緊急停止機能

緊急時に押すだけでX線とステージが停止します。

観察・解析が誰にでも簡単にできます

μRay Vision

μRayシリーズ付属の専用ソフト『μRayVision』は、簡単な操作でX線の制御ができるだけでなく、画像の平均積算処理や任意の輝度のみ色を付けて表示する「輝度指定カラー機能」など、様々な画像処理機能を備えています。

高精細画像
高解像度画像をリアルタイムで表示できます。
X線コントローラ
X線のON/OFF、管電圧、管電流を制御します。
イメージコントローラ
動画フィルタや表示レンジ設定など、取り込み方法を設定します。
ステージコントローラ
マウス操作でステージを操作します。

隅々まで観察したい時にはクリック移動を使うと簡単

倍率を上げたうえで試料の隅々を観察したいという時には、この機能が役立ちます。クリックした部分が画面の中央に来るようにステージが移動しますので見落としがありません。少しずつステージを動かすことで、全範囲を見落とすことなく観察できます。

観察箇所が多い時にはスムーズ移動が効果を発揮

従来機はステージ移動時の残像を少なくしようとするとノイズが多い画像になり、ノイズを少なくしようとするとステージ移動時に残像が多く現れていました。μRay8400では、これらの欠点を解消した「ノイズも残像もきわめて少ない」ハイクオリティな観察を実現しています。

様々な方向から観察する時には回転ステージを使うと簡単

X、Y、像倍率可変の3軸に加え、回転機能付きステージを搭載。あらゆる角度からの透過が可能です。小さい部品ほど細部にわたって分析したいといったニーズにお答えします。また、BGAの浮きも発見できます。

ロット・全数検査も簡単にできます

同じ試料の決まった場所を検査する時には ティーチング機能を使うと簡単

ティーチング機能はあらかじめ登録しておいたポイントにステージを自動で移動させる機能です。一度ティーチングデータを登録しておくと、同じ種類のサンプルを多数検査する場合に繰り返し同じ場所を撮影できるので、検査を効率よく行うことができます。また、登録ポイントごとにX線の出力値や拡大率、停止時間などを個別に設定することが可能です。

X線非破壊検査装置μnRay8000シリーズ・μRayVision2:ティーチング機能

同じ試料をミクロ・マクロに観察する時には 貼り合わせ機能を使うと簡単

一度に撮影できない大型ワークでも、貼り合わせ機能により最大350mm×350mmの範囲を一枚の透過画像にすることができます。また、大型ワークでも指定した部分だけを一枚の透過画像にすることも可能です。さらに、貼り合わせ画像を一度撮影して保存しておけば、画像を読み込むだけで貼り合わせ透過画像からクリックした位置へステージを移動する自動移動機能が使えます。

X線非破壊検査装置μnRay8900シリーズ・μRayVision2:貼り合わせ機能

不良箇所を探しやすくしたい時には輝度指定カラー機能を使うと簡単

不良サンプルから異物やスがある個所の濃度値を見つけ出します。その指定した範囲の濃度だけに色をつけることができる機能です。 不良と判断する濃度値の箇所にだけ色をつけるため、検査者が簡単に判定できます。

面積の大小で良否を判定したい時には面積計測機能を使うと簡単

決まった形状や同じ物が配列されている時の大きさの違いやBGAのボイド率を計測するのに役立ちます。計測結果は数値化され、面積や穴数、穴面積、面積比率を計測できます。

様々な処理ソフトが標準で装備されています。

画像処理・解析機能も簡単にお使いいただけます

表示レンジウィンドウ

撮影画像のヒストグラムを元に、任意の濃度値を設定して手動でコントラストを強調することが可能です。

明るさ調整

ゲイン・コントラスト・ガンマ値を各々個別に調節することにより撮影画像の輝度値を自由に変更することが可能です。

寸法計測

撮影画像に計測線を引くことにより、撮影画像内の寸法を計測測定することができます

2値化処理

しきい値を設定し2値化することにより撮影画像を明暗で2分割します。

フィルタ機能

詳細な画像解析を可能にする10種類以上のフィルタ処理と画像加工処理をサポート。動画表示にフィルタ処理を適応させることにより、リアルタイムな画像解析を可能にします。

オプション

µRayVision.2

SOFT マイクロレイビジョン2

µRayVision.2は、µRay8400によるX線検査を、より便利に、より効果的に行っていただくために開発された装置制御・画像取込用ソフトウェアです。複数の撮影画像をモニタ上に同時に表示できるため、良品画像と撮影画像を並べての比較や、異なる条件で撮影した画像の比較・評価が簡単に行えます。また、装置内に備えられたワーク外観確認用デジタルカメラでステージ上のワーク全体を撮影し、その画像をモニタ上に表示しながら透過観察したい箇所をピンポイントで指定することもできるため、よりスムーズなX線検査を可能にしています。

X線非破壊検査装置μnRay8400シリーズ・μRayVision2画面

A サムネイル表示

X線非破壊検査装置μnRay8400シリーズ・μRayVision2画面

保存した画像をフォルダごとにサムネイル表示します。保存してある画像を再度開いて計測するときや、撮影条件を元に同じサンプルを撮影するときなど、一覧表示されたサムネイルを見ながら画像を選択することができます。

フォルダ一覧
各ドライブ内のフォルダを一覧表示し、保存先フォルダが簡単に探せます。
サムネイル表示
選択されたフォルダ内の画像を一覧表示します。
撮影条件表示
選択した画像の撮影条件を表示します。画像保存時に記録された撮影条件を読み込むことにより、同条件で再撮影することが可能です。

B ワーク外観確認用画像表示

X線非破壊検査装置μnRay8400シリーズ・μRayVision2画面

ステージ上のワーク全体を外観確認用カメラで撮影した画像が表示エリア内に表示されます。その画像上の見たいポイントをクリックするだけでステージが移動します。見たいポイントの選定は、ワークの全体画像だけでなく一部を拡大した画像を表示させた状態でも行えるため、より正確な位置決めを行うことが可能です。

C 動画・静止画

同じ画像を複数並べて、フィルタ処理やコントラスト調整の処理前後の比較が可能です。また、ライブ画像から更に詳細な位置決めやステージ移動も可能です。見たい場所を画面の中心に移動させたり、ライブ画像内の見たい方向にマウスのボタンを押し続けることでステージを自由に操作することができます。

D コントロールパネル

撮影に必要な機能をすっきりまとめたコントロールパネル。X線出力のコントロールや撮影画像のコントラスト調整などを、マウスのみの簡単操作で手軽に行えます。

-LCTN/-LCTM/-LCTX

CTユニット 2D・3D解析ソフト

CT機能の詳細については「マイクロビューX線CTガイド」をご覧ください。

透過装置では投影画像しか得られませんが、CTユニットを使うと3次元画像が得られます。3次元画像の任意の面を指定すれば、その面の断層画像が得られます。

X線非破壊検査装置μnRay8400シリーズ・CTユニット

-LE

付属する取り扱い説明書、OS、ソフトの言語設定を英語にします。キーボードをUSキーボードに変更します。

入力電圧○○○Vac ±10%入力:-L(○○○V)

※○○○には入力電圧(110V、115V、120V、200V、220V、230V、240V)が入ります。

設置前の準備

本装置は設置するにあたり、所轄の労働基準監督署へ設置届を提出することが義務付けられています。
(官公庁、大学に設置する場合は人事院への届出が必要となります。)

別売品

四つ爪チャック

STG023

先端部分がチャック形状になっています。 ステージに固定するのが難しい試料の観察に役立ちます。 ワークの大きさによって長さを調整させていただきます ので、お問合せください。

ワイドステージ

STG004

標準のステージより大きなステージです。より大きな試料を観察するのに最適です。 指定のサイズで用意いたしますので、お問合せください。

アルミ専用デスク

XDSK600

アプリケーション

分野と利用例

医薬・化粧品
錠剤 カプセル剤 カテーテル 医療用パウチ マスク内の異物検出 コスメ
自動車・EV
車載部品  ハーネス バッテリー 樹脂成型品 モーター  インサート成形品 アルミダイカスト センサ 部品の嵌合
電気・電子
BGA  IC  コネクタ コンデンサ LED リレー 電子回路基板(PCB) ACアダプタ ランプのフィラメント  電線の断線 絶縁破壊の放電痕
先端材料
CFRP 絶縁材料 カーボン 異種材料の接合 ベリリウム内の異物検査
精密機器
プローブ ベアリング 樹脂容器の嵌合 バネの挿入位置検査
生物・植物
研究用ラット 種子 花 貝 骨格 昆虫 米
その他
微小異物の混入 溶接部のス ペットボトルの検査 缶の封止

X線検査装置のよくあるご質問

X線検査装置Q&A

ダウンロード

ダウンロードには会員登録が必要です。

本サイトでは、取扱説明書等の資料は全て最新版のみを公開しています。お持ちの製品によっては資料の版が異なる場合もありますのでご了承ください。

未登録の方はこちら

新規会員登録(無料)

会員の方はこちら

ログイン

X線非破壊検査関連機器

X線非破壊検査関連機器に関する製品を探す