• μB2800シリーズ
  • μB2800シリーズ

μB2800シリーズ

X線マイクロビュー顕微鏡


卓上サイズながら90kVの高透過力と最大100倍の優れたモニタ像倍率を実現


CT機能対応この小さな1台で大型装置に匹敵する高品質な透過画像が得られます。


卓上タイプの課題であった透過力不足を90kVマイクロフォーカスX線が一挙に解決。据置型と同等の透過力で金属で覆われた試料も卓上で観察できます。このマイクロフォーカスX線と、最新の100万画素デジタルフラットパネルの組み合わせで、隅々まで歪のない高解像度の画像が得られます。




特長・概要



  • CT機能も搭載可能。

  • 90kVマイクロフォーカスX線で驚きの透過力。

  • 設置場所を選ばないデスクトップサイズ。

  • 100万画素ハイゲインFPD採用。

  • 独自開発の専用ソフト「µ RayVision」により簡単操作

  • 回転機能までも装備した多機能ステージ。


ラインナップ

モデル名 管電圧[kV] 試料台[mm] カメラ視野サイズ[mm] お問い合わせ
µB2800 30~90 120 × 120 50 × 50 購入前 購入後

仕様

90kVのマイクロフォーカスX線で簡単に透視観察

90kVの透過力で金属に覆われた試料も観察可能

従来の卓上タイプで課題であった透過力不足を解消しました。本機は大型装置に搭載しているX線と同等の透過力で、金属に覆われた試料でも鮮明な透視画像が得られます。しかも、焦点径5µmのマイクロフォーカスX線ですので、デジタル的にではなく、幾何学的に像倍率を上げて拡大観察することもできます。

40kV時の透過力

60kV時の透過力

90kV時の透過力

新開発の専用X線管とデジタルFPDを搭載

卓上サイズながら100倍のモニタ像倍率

最大モニタ像倍率が従来機「µB2600」の56倍から100倍に上がったことで、これまで以上に細部の詳細を鮮明に観ることが可能になりました 。下記2つの画像を見比べて頂くと、その差は明らかです。X線管をはじめ様々なデバイスを徹底的に見直すことで、机に置ける小型サイズは従来機から変えることなく、ここまでの高倍率を達成しています。

【モニタ像倍率56倍】

従来機 μB2600

【モニタ像倍率100倍】

μB2800

12bit=4096階調をもったデジタルFPD

X線の画像は白黒画像です。いくら高い透過力を備えたX線検査装置でも、ワークの状態を正確に観察するためには、白から黒までの“中間色”がいかに精致に見えるかがきわめて重要です。µB2800に搭載しているX線カメラは12bitの階調を備えているので、濃淡差の少ない画像も鮮明に表現することが可能です。

ラット

液晶のバンプ部分

機能・操作

初めての方でもすぐにに使いこなせる簡単操作

ジョイスティック操作

ステージのX軸・Y軸移動、360度回転、像倍率の調整をジョイスティック操作で簡単に行えます。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・ジョイスティック

自動コントラスト調整

12bitの多階調で撮影した画像を最適な画質で表示します。撮影者によるばらつきをなくして常に最適な画質で表示させることができます。初めて本機を使う方でも見たいところを見逃すことはありません。また、任意の階調範囲を表示させることも可能です。

画像を保存して、あとで解析もできる

解析前画像、解析後画像ともに簡単に保存できます。拡張子はbmp、jpg、tifなどから用途に合わせてお選び頂けます。また、一旦保存したデータを呼び出してきて再度解析することも可能です。

自動エージング機能

X線を最後に照射した日時をメモリーしています。その時刻から何時間経過したかに応じて、エージング(=X線源の準備運転)の時間をソフトが自動で判断し、最適なエージングを行います。この機能によって、装置の性能を最大限に発揮させることができます。
(エージングを適切に行わないとX線源の耐用期間が短くなります)

専用ソフトで「誰でも」「すぐに」使える

付属の専用ソフト「µRayVision」は、簡単な操作でステージやX線の制御ができるだけでなく、多彩な画像処理機能や計測機能も備えています。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision画面

観察・解析をより正確に、より簡単にする機能

比較観察する時には縮小表示機能を使うと簡単

高解像度標示から縮小表示に切り替えることにより、すでに保存してある画像と比較しながら試料の観察・解析が可能になります。

[ 高解像度表示 ]
[ 縮小表示 ]

隅々まで観察したい時にはクリック移動を使うと簡単

倍率を上げたうえで試料の隅々を観察したいという時には、この機能が役立ちます。クリック箇所が画面の中心に来るようにステージが移動するため、全範囲を見落とすことなく観察できます。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision:クリック移動

ミクロ・マクロに観察する時には貼り合わせ機能を使うと簡単

貼り合わせ機能により、最大120×120mmの範囲を1枚の透過画像にすることができます。観察部分がまだ特定できていない場合でも、試料全体を把握しながら特定箇所を観察する時にこの機能が役立ちます。指定した部分だけを貼り合わせることも可能です。その貼り合わせた画像をマップデータとして使うこともでき、位置や範囲を指定すればその位置の透視画像を簡単に得ることができます。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision:貼り合わせ機能

様々な方向から観察する時には回転ステージを使うと簡単

X軸(ヨコ=観察箇所の移動)、Y軸(奥行き=観察箇所の移動)、Z軸(上下=像倍率の変更)の3軸駆動に加えて回転機能を備えたステージを搭載しているので、より幅広い角度からの透視観察を実現します。小さい部品ほど細部にわたって分析したいといったニーズにお答えします。また、BGAの浮きも発見しやすくなります。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・回転ステージ

ロット検査や全数検査にも対応

決まった場所を検査する時にはティーチング機能を使うと簡単

ティーチング機能はあらかじめ登録しておいたポイントにステージを自動で移動させる機能です。同じ種類の試料を多数検査する場合、一度ティーチングデータを登録しておくと繰り返し同じ場所を撮影できるので、効率よく検査を行うことができます。また、ポイントごとにX線出力(管電圧値など)や拡大率、停止時間などを個別に設定できるので、あらゆる検査対象に対応します。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision:ティーチング機能

不良箇所を探しやすくしたい時は輝度指定カラー機能を使うと簡単

不良サンプルから異物やスがある箇所の濃度値を見つけ出します。その指定した範囲の濃度だけに色をつけることができる機能です。不良と判断する濃度値の箇所にだけ色を付けることで、検査者が簡単に判定できるようになります。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision:輝度指定カラー機能

面積の大小で良否を判断したい時には面積計測機能を使うと簡単

BGAのボイド率計測や、決まった形状の物が配列されている時の大きさの違いを判定するために役立ちます。計測結果が数値化されるとともに、面積や穴数、穴面積、面積比率を計測することも可能です。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision:面積計測機能

操作だけでなく設置も簡単必要なのはAC100Vだけ

設置場所を選ばないデスクトップサイズ

本体幅わずか420mm。「置ける所」ではなく「使いたい場所」に設置できます。専用のアルミフレームデスクセットで使用すると事務用オフィスに設置して頂いても違和感のないデザインです。

AC100Vさえあればどこにでも設置可能

必要なユーティリティはAC100Vのみ。設置のための工事などは一切不要です。装置の起動は電源をオンにするだけです。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・設置のしかた

別売品

アルミ専用デスク(XDSK200)

幅広いアプリケーションに対応しています。

■ 電気電子関係

BGAの浮き

電解コンデンサ

ニ次電池

■ 成形品関係

キャップの勘合

■ 植物関係

■ 生物品関係

ねずみの頭がい骨

オプション

µRayVision.2
更に機能充実、装置制御・画像取込ソフト

〔 オプション:µB2800-LV2 〕

µBシリーズ専用装置制御画像取込ソフト「µRayVision.2」は、新たにMDI(Multiple Document Inter-face)方式を採用しています。ウィンドウ内に必要な画像を複数表示することにより、良品画像を表示したまま検査を進めて画像を見比べることや、撮影画像の計測も複数の画像に対して行い、比較評価することが可能になりました。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision2画面

①複数の画像を比較評価できるMDI方式

同じ画像を複数並べて、フィルタ処理やコントラスト補正の処理前後を比べることが可能です。また、ライブ画像から更に詳細な位置決めやステージ移動も可能です。見たい場所を中心に移動する中心移動機能をはじめ、ライブ画像内の見たい方向でマウスのボタンを押し続けることで、ステージを自由に操作できます。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision2:MDI方式

②コントロールパネル

撮影に必要な機能をすっきりまとめたコントロールパネル。X線出力の制御や撮影画像のコントラスト調整など、マウスのみの簡単操作で手軽に行えます。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision2:コントロールパネル

③自動送り機能

自動送り機能とは、ステージを任意のピッチで順次移動させて撮影する機能です。開始位置とX軸Y軸それぞれの移動ピッチ、移動回数を設定するだけで、パレットに載ったすべてのサンプルを検査することができます。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision2:自動送り機能

④サムネイル表示

保存した画像をフォルダごとにサムネイル表示をします。保存してある画像を再度開いて計測する時や、撮影条件を元に同サンプルを撮影する時など、一覧表示されたサムネイルを見ながら画像を選択することができます。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・μRayVision2:サムネイル表示

CTユニット 2D・3D解析ソフト

〔 オプション:µB2800-LCTN,µB2800-LCTM,µB2800-LCTX

CT機能の詳細については「マイクロビューX線CTガイド」をダウンロードしてご覧ください。 〕

通常のX線検査装置では一方向からの投影画像しか得られませんが、CTユニットを使うと3次元画像が得られます。3次元画像の任意の面を指定すれば、その面の断層画像が得られます。

X線非破壊検査装置μB2800シリーズ・CTユニット

仕様はカタログをご覧ください。

アプリケーション

分野と利用例

医薬・化粧品
錠剤 カプセル剤 カテーテル 医療用パウチ マスク内の異物検出 コスメ
自動車・EV
車載部品  ハーネス バッテリー 樹脂成型品 モーター  インサート成形品 アルミダイカスト センサ 部品の嵌合
電気・電子
BGA  IC  コネクタ コンデンサ LED リレー 電子回路基板(PCB) ACアダプタ ランプのフィラメント  電線の断線 絶縁破壊の放電痕
先端材料
CFRP 絶縁材料 カーボン 異種材料の接合 ベリリウム内の異物検査
精密機器
プローブ ベアリング 樹脂容器の嵌合 バネの挿入位置検査
生物・植物
研究用ラット 種子 花 貝 骨格 昆虫 米
その他
微小異物の混入 溶接部のス ペットボトルの検査 缶の封止

X線検査装置のよくあるご質問

X線検査装置Q&A

ダウンロード

ダウンロードには会員登録が必要です。

本サイトでは、取扱説明書等の資料は全て最新版のみを公開しています。お持ちの製品によっては資料の版が異なる場合もありますのでご了承ください。

未登録の方はこちら

新規会員登録(無料)

会員の方はこちら

ログイン

X線非破壊検査関連機器