社員の声総合職 技術 研究開発職

電源設計2012年入社
龍谷大学 理工学部数理情報学科

既存電源の改善を経験し、現在は新規電源装置の開発を担当しています。

入社を決めた一言
大学では数学と情報を専攻しており、電源設計とは畑違いの分野で生きてきました。ただ、昔から車やバイクやカメラが趣味で、自分で買ってきた部品を組み込んだり、機械を分解したりなど設計に通じる部分に興味を持っていたんです。当社を知ったのもカメラの部品がキッカケですからね。
入社後はもちろん分からないことも多々あり、毎日吸収することがたくさん。勉強が好きなので、今でも新しい情報が入るとワクワクが止まりません。
職場の雰囲気について
技術職、特に設計の場合、黙々と仕事をする人が多いというイメージがあるかもしれませんが、当社は風通しが良く、お互いを支え合う文化が根付いています。
すぐにアドバイスを聞ける距離に上司や先輩がいますし、教えられて育ってきた人が多いので丁寧に教えてくれますよ。
今の自分、これからの自分
これまで色んなジャンルの電源装置に携わり、現在はモータやバッテリーなどの評価試験にも多く用いられる双方向電源の新製品の開発を担当しています。
サイズを半分にしながらも、同時にパフォーマンスを向上させるためにはどうすればいいかなど日々改良を重ねています。
市場価値の高い新製品を生み出すためには「より性能の良い部品、より安い部品を採用すること」がポイント。今後は英語を学び、日本のみならず海外から部品を調達するなど広い視野を持って開発に励みたいですね。

電源設計2014年入社
関西大学大学院 システム理工学部

小型スイッチング電源の改良設計を担当しています。

学生時代に打ち込んだこと
システム理工学部の電気電子情報工学科出身で、学生時代は研究支援システムの開発に取り組んでいました。
大学内で行われている様々な研究を支援するための情報共有ツールです。
参考文献などあらゆる情報を共有しながら、学生同士の連携をスムーズにして研究を円滑に進めるもので、実際に複数の研究室で導入されていました。
入社1年目の思い出
ネジ締めをはじめ、出荷検査、はんだ付けなど社内試験が細かいものを合わせて何十個とあり、私の場合は電気設計に必要な社内資格を10個ほど取る必要がありました。
初めて経験する作業に戸惑いながらも、基本的な作業を正確に行うこと、そしてNG品を流通させないことの大切さを身を持って学ぶことができました。
仕事上心がけていること
仕事をする上で大切だと思うこと
現在は製品の改良設計が主な仕事ですが、改良するキッカケはお客様の声から生まれます。
お客様の悩みの種、求めるニーズを的確に汲み取り、設計に落とし込むことで、さらに満足してもらえる製品に作り変える必要があります。
出荷台数が多い製品では年間千単位で市場に出回っているため、責任も重大ですが、影響力が大きいことは多くのお客様に満足してもらえるチャンスでもあります。
今後も営業と密に連携を取りながら、お客様の声に寄り添った価値ある製品をお届けしていきたいです。

機構設計2006年入社
龍谷大学 理工学部機械システム工学科

電源や分析装置など新製品の筐体、機構や社内設備・治具の設計を中心に行っています。
機構部品のコストダウンや業者選定にも業務の範囲を広げています。

今の自分、これからの自分
私が在籍する機構設計は少数精鋭で、一人ひとりが数多くの電源筐体(ケース)の設計を担当するほか、社内設備・治具の設計も行なっています。
最近では機構部品のコストダウンを図るため、業者選定にも携わっています。今後は国内シェアNo.1、世界シェアNo.2の総合電源メーカーからさらに飛躍できるよう、部品調達面から積極的に関わり、ローコストでハイパフォーマンスな価値のある製品を世に送り出していきたいです。
仕事上心がけていること
仕事をする上で大切だと思うこと
一つの製品を作りあげる過程で、電源設計、営業、部品業者、外部デザイナーなど社内外で様々な職種の人と関わっていきます。
技術職ではありますが、技術のほかコミュニケーション能力も欠かせないので、普段から色んな分野の人と積極的に会話するように心がけています。技術は日々進歩し、私自身も知らないことが無限にあるので、会話をすることで情報も自然とインプットされていくんです。
就活中の人へのメッセージ
就職活動の期間は一瞬。新卒で入った会社での経験は一生ものです。
だからこそ、改めて自分がどういう仕事に向いているか、何をしたいのかじっくり考えてみてください。
理系だから、文系だからという枠組みも必要ありません。そして、やりたいことが叶えられるのか、皆さんが会社を判断する気で面接に挑んでください。

分析装置設計2017年入社
関西大学大学院 理工学研究科物理学専攻

分析装置の設計開発を行っています。

入社を決めた一言
大学院時代はX線を使った研究、ソフトの開発に明け暮れていました。松定プレシジョンはX線検査装置やX線CTなどのX線関連機器を取り扱っていることから「これまで培った知識や経験を生かせるのでは」と思い、入社を決意しました。
現在は分析機器の新製品開発に携わっており、ソフトだけでなく回路基板などのハード部分も担当しています。悪戦苦闘しながらも、モノづくりできる喜びを日々実感しています。
仕事上心がけていること
仕事をする上で大切だと思うこと
製品開発は自分で作り上げ、改良していく楽しさがあります。考えることが仕事ですから、開発のプロセスで困難な壁にぶち当たっても考え続けなければ、その問題はクリアできません。ただ闇雲に数をこなすだけでは効率も上がらないので、常に頭をフル回転させるよう心がけています。アイデアを途絶えさせないことが、製品開発では大切ですね。
今の自分、これからの自分
技術は日々進化していくため、付いていくのに必死。知識が追いつかず、先輩にアドバイスをもらいながら、仕事をしているのが現状です。今後は「人に聞く回数よりも、聞かれる回数が多くなる」ために、広く深く知識を蓄えていきたいです。当社は開発から設計、製造、営業まで一貫してお客様に価値を提供しています。色んな職種の人がいて、各分野にプロフェッショナルがいるからこそ、その環境を活かしてどんどん成長していきたいです。

分析装置設計2015年入社
関西学院大学大学院 理工学研究科物理学専攻

分析装置の企画、設計開発を行っています。

担当業務
設計・開発
仕事のやりがい
まず、早い時期から仕事を任せてもらえることです。
私は入社2年目で企画の業務を経験し、3年目となる今年からは、開発に取り組んでいます。当社には一つの仕事だけをこなす、という社員は誰一人いません。これだけさまざまな経験ができ、日々刺激のある仕事がどんどん楽しくなっています。
自分の仕事が、産業界の成長に大きく寄与していることを実感でき、とてもワクワクしますね。

また、必要なものはすべて揃えてもらえる技術者にとっての環境面への待遇と、人間関係において、先輩後輩というより、良いものをともに作る仲間として、和気あいあいとした居心地の良い雰囲気がある点は、モチベーションを高く保つ大きな要素になっています。
今後の目標
今後は、一つのプロジェクトを任せてもらえるような人材になりたいと考えています。
高性能で使いやすく、多くの方に求められるような新製品開発プロジェクトを担当し、自分の理想を形にした松定プレシジョンの製品を世に送り出したいです。
きっと多くの産業界をもっと盛り上げることができ、社会と会社、自分の成長につながる仕事になると思います。
趣味は?
読書(哲学、経営学、経済学、etc.)、ゴルフ、写真