サポート

コンスタントウェーブ(CW)
レーザをパルス化しないで出力させたままのレーザのことをいいます。普段CWとと表記されています。加工レーザとして使用するレーザの出力をW(ワット)で表記します。
周波数(Qスイッチ)
CWをQスイッチというもので入切を行います。その入切の速度を周波数で設定します。周波数:f、時間:Tとした時 f=1/Tとなり、fの値が大きくなると Tの値は小さくなります。つまり、密にドットを印字することができ、細かく印字できます。ただピークパワーは小さくなります。
ピークパワー
ピークパワーは媒質がエネルギーをためこむ具合によって決まります。ピークパワーが高いと金属への印字に有利になります。