サポート

管電圧
X線管に印加する電圧のことを管電圧といいます。発生するX線の全強度は管電圧の2乗に比例して増倍します。また最高強度の波長は管電圧によって決まります。
管電流
X線管に流れる電流のことを管電流といいます。X線の全強度は管電流に比例して増倍します。管電流を増大させても最短波長は変わりません。
焦点寸法
X線も光同様、一本の線が集まったものです。その線の大きさを表す数字です。
幾何像倍率
X線から試料までの距離をa、X線からカメラまでの距離をbとした時、b/aを幾何像倍率といいます。
モニター増倍率
実際にモニター画面上に映し出されるときの像倍率のことです。この数値の中に幾何像倍率も含まれています。
FID
X線管とイメージングカメラとの距離を表す数字です。幾何像倍率を算出するときに使います。一般のカタログ上ではあまり出てきません。
FOD
X線管と試料(オブジェクト)との距離を表す数字です。FID/FODが幾何像倍率となります。
漏洩線量
X線装置から漏れてくるX線量のことを示します。通常Sv/hr(シーベルト毎アワー)で表します。サーベイメーター、ポケット線量計もこの表示です。
管理区域
電離放射線障害防止規則において、外部放射線による実行線量が3ヶ月につき1.3ミリシーベルトを超える恐れのある区域を、管理区域として明示するよう義務付けられています。外部放射線による実行線量がこの規定値以下である場合は、管理区域を装置外部に定める必要はありません。