よくあるご質問(Q&A)

Windows10のアップデートによるHASPキー(USBドングルキー)インストール時の影響について

カテゴリ
電源の使い方
影響内容
PCの購入や、Windows10のアップデートを実施し、2020年5月28日リリースの[Windows10 May 2020 Update(Ver2004)]を使用すると、弊社製品用のHASPキー(USBドングルキー)のインストール中にブルースクリーンになることが判明しました。
対象製品
PSS2(Ver:1.20.9以前のバージョン)
eK-FG(Ver:1.1.0以前のバージョン)
ECD-BC-512ch(Ver:1.3.13以前のバージョン)
上記3製品に添付されているHASPキー(USBドングルキー)のドライバ
対処方法
パターン①
Windows10のバージョンを[Windows10 May 2020 Update(Ver2004)]より前のものに戻す
ECD-BC(Ver:1.3.13以前のバージョン)
パターン②
Sentinel HASPドライバ8.13を使用してください
Sentinel HASPドライバ8.13 のダウンロードページ