用途・事例

工業用ヒーターのX線透過画像検査

工業用ヒーターのX線透過画像検査

(掲載2021/10/21) 工業用ヒーターには、シーズヒーターや、パネルヒーター、リボンヒーター、ホットプレートやカートリッジヒーターなどと呼ばれるヒーターがあります。ヒーターは、電熱線(発熱線)の通電による発熱を利用しています。シーズヒーターでは、電熱線を金属の筒で覆い、感電を防いだり扱い安い形状にしています。 松定プレシジョンでは、シーズヒーターやセラミックヒーターなどの各種ヒーター[…]

熱電対のX線による透過画像検査

熱電対のX線による透過画像検査

(掲載2021/10/25) 熱電対は、異なる2種類の金属線を接触させ、その接点で発生する熱起電力により温度を測定するセンサーです。熱電対に熱起電力が発生する原理は、ゼーベック効果とよばれ工業用の温度センサーとして広く使われています。 2種類の金属の組み合わせにより測定できる温度の範囲が異なります。露出型のセンサーであれば、2種類の金属線の先端が接しているか目視でわかりますが、接点が保護管[…]

車載部品に最適なX線検査装置

車載部品に最適なX線検査装置

(掲載2019/03/27 最終更新2021/08/05) 車載部品には、信頼性が強く求められます。その為、X線により部品の内部まで検査したり、全数検査や頻繁な抜き取り検査などが必要です。X線検査装置には、性能はもとより、耐久性や高い稼働率が求められます。車載部品の種類により最適なX線検査も異なりますので、以下のアプリケーションからご確認下さい。 電子機器、電子部品に最適な[…]

コネクタに最適なX線検査装置

コネクタに最適なX線検査装置

(掲載2019/03/27 最終更新2021/08/05) X線カメラに求められる「像倍率」「コントラスト」「フレームレート」に徹底的に磨きをかけました。微細な部分も鮮明に拡大して観察できる高像倍率、明暗を際立たせて不良個所をより見つけやすくできるハイコントラスト、動作中のワークでもなめらかなライブ画像が得られる[…]

インサート成形品検査に最適なX線検査装置

インサート成形品検査に最適なX線検査装置

(掲載2019/03/27 最終更新2021/08/05) X線カメラに求められる「像倍率」「コントラスト」「フレームレート」に徹底的に磨きをかけました。微細な部分も鮮明に拡大して観察できる高像倍率、明暗を際立たせて不良個所をより見つけやすくできるハイコントラスト、動作中のワークでもなめらかなライブ画像が得られる[…]

製品容器の嵌合部に最適なX線検査装置

製品容器の嵌合部に最適なX線検査装置

(掲載2019/03/27 最終更新2021/08/05) X線カメラに求められる「像倍率」「コントラスト」「フレームレート」に徹底的に磨きをかけました。微細な部分も鮮明に拡大して観察できる高像倍率、明暗を際立たせて不良個所をより見つけやすくできるハイコントラスト、動作中のワークでもなめらかなライブ画像が得られる[…]

ねずみの骨・血管に最適なX線検査装置

ねずみの骨・血管に最適なX線検査装置

(掲載2019/03/27 最終更新2021/08/05) X線カメラに求められる「像倍率」「コントラスト」「フレームレート」に徹底的に磨きをかけました。微細な部分も鮮明に拡大して観察できる高像倍率、明暗を際立たせて不良個所をより見つけやすくできるハイコントラスト、動作中のワークでもなめらかなライブ画像が得られる[…]

金属物のス・溶接後のスに最適なX線検査装置

金属物のス・溶接後のスに最適なX線検査装置

(掲載2019/03/27 最終更新2021/08/05) X線カメラに求められる「像倍率」「コントラスト」「フレームレート」に徹底的に磨きをかけました。微細な部分も鮮明に拡大して観察できる高像倍率、明暗を際立たせて不良個所をより見つけやすくできるハイコントラスト、動作中のワークでもなめらかなライブ画像が得られる[…]

BGA(拡大検査)に最適なX線検査装置

BGA(拡大検査)に最適なX線検査装置

(掲載2019/03/27 最終更新2021/08/05) X線カメラに求められる「像倍率」「コントラスト」「フレームレート」に徹底的に磨きをかけました。微細な部分も鮮明に拡大して観察できる高像倍率、明暗を際立たせて不良個所をより見つけやすくできるハイコントラスト、動作中のワークでもなめらかなライブ画像が得られる[…]

電解コンデンサに最適なX線検査装置

電解コンデンサに最適なX線検査装置

(掲載2019/03/27 最終更新2021/08/05) X線カメラに求められる「像倍率」「コントラスト」「フレームレート」に徹底的に磨きをかけました。微細な部分も鮮明に拡大して観察できる高像倍率、明暗を際立たせて不良個所をより見つけやすくできるハイコントラスト、動作中のワークでもなめらかなライブ画像が得られる[…]