技術コラム

今とても盛んに研究されている分野の一つです。
水素と酸素から水を生成する時に電気エネルギーが発生するものを燃料電池と言います。
この電気エネルギーを動力に利用した燃料電池自動車は、排気ガスがなく、排出されるのは水蒸気だけなのでとても環境に良いものです。

また、家庭やオフィスで使う電力としても利用が考えられています。この場合、電気を使う場所で発生させるので、発電所から電気がやってくる従来の様な送電 ロスがありません。さらに、水を生成する時に発生する熱を利用すれば給湯も出来るのでよりエネルギー利用効率が上がります。
近い将来、発電所や電柱がなくなる日が来るかもしれません。

燃料電池を評価するには電子負荷が活躍します。逆に燃料電池が発生する電気エネルギーを利用するモータ・電動機やランプなどを評価するには直流安定化電源をはじめとする各種電源装置が用いられます。

このほか、太陽電池は光から電力を発生しますが、同じように電子負荷や、バイポーラ電源/電力増幅器直流安定化電源が評価試験のお役に立ちます。