交流電源(AC電源)

交流電源とは、発電所から各家庭や工場、ビルなどの配電盤やコンセントに供給される電源のことです。
交流電源はプラスとマイナスが50Hzや60Hzなどの周期で定期的に入れ替わるのが特徴です。詳しくは、「直流電源と交流電源の違い」をご覧ください。交流電源として販売されている製品は、異なる地域の電圧や周波数を供給したり、安定した電圧の交流電源を供給したり、ノイズや瞬停などのテストのために使われます。
松定プレシジョンの交流電源は、コンパクトながら多彩な機能と余裕の出力を誇る高性能交流電源(交流電圧・周波数変換器)です。独自のスイッチングアンプ方式で小型化・高効率化を実現し、AC・DC両出力が可能なモデルや三相出力にも対応可能なモデル、瞬間的な停電を発生させられるモデルなどをラインナップしています。各種モータ試験やパワーコンディショナ評価、AC入力機器の各種試験や生産ライン、あるいは手頃な周波数変換機としても最適です。
国ごとの交流電圧やコンセントの形状は、「安定した交流電源を供給するには 」をご覧ください。また、交流電源の品質を表すのに使われるクレストファクタについては、「クレストファクタ(波高率)とは」をご覧ください。

電源装置

電源装置に関する製品を探す