用途・事例

マグネトロンとはマイクロ波を発生させるために用いられる真空管デバイスです。マイクロ波とは電波の一種で、分子を振動させる性質を持ち、物体を加熱することができます。物体をクリーンな状態で加熱できるのが大きな特徴です。

運動する電子の軌道は、磁界によって曲げられます。この性質を利用し、マグネトロンは外部陰極から放出されて加速された電子を周回させます。電子の周回によって発生した振動を、陽極に設けた空洞部分で共振させ、アンテナから電波として取り出したものがマイクロ波です。

マイクロ波は元々、レーダーで用いるために開発された技術でしたが、現在では、家庭で使われる電子レンジに応用されています。電子レンジでは、マグネトロンにより発生させたマイクロ波によって誘導加熱を行っています。電子レンジの他にも、工業分野の光源装置や、食品乾燥、加熱装置などに使用されています。

松定プレシジョンでは、マグネトロンに使用する電子加速用のハイパワー高圧電源をラインナップしています。

マグネトロンの構造
関連ワード:
  • マイクロ波
  • レーダー
  • 電子レンジ
  • 真空管