用途・事例

質量分析(Mass Spectrometry: MS)とは、物質をイオン化させ、イオンの質量(m)と電荷数(z)の比(m/z)で分離・測定することで、物質に含まれるイオンの量を検出する方法です。物質内にどのような種類のイオンがどれだけ含まれているかを分析し、物質を特定します。

液体や固体、気体の状態のサンプルは、電子イオン化法(EI)や化学イオン化法(CI)、エレクトロスプレーイオン化法(ESI)、マトリックス支援レーザー脱離イオン化法(MALDI)などによりイオン化されます。イオン化された分子が質量分析部の磁場や電場を通過する際に、質量や電荷の違いによって分離され、分析される仕組みです。

質量分析装置には、物質をイオン化する方法やイオンの分析をする部分の構造によって、いくつかの種類に分類されています。イオン化には、フィラメントに電流を流して熱電子を発生させ、それを物質に衝突させる方法や、高電圧を印加することでトンネル効果を利用する方法があります。

分析の部分では、電場や磁場による作用により検出器に到達するイオンを選別する方法や、加速させたイオンが検出器に到達する時間によって分析する方法が用いられます。松定プレシジョンではイオン化や電場、検出器に使用する高圧電源、磁場を発生させる電磁石に用いられる直流ハイパワー電源、バイポーラ電源を取りそろえています。

質量分析の模式図
関連ワード:
  • イオン化
  • 熱電子
  • トンネル効果
  • 磁場
  • 検出器