• HCORシリーズ|高電圧アンプ|松定プレシジョン
  • HCORシリーズ|高電圧アンプ|松定プレシジョン

定電圧・定電流
高電圧アンプ

弊社の高電圧に関する永年の経験とノウハウをベースに完成されたバイポーラ出力高速高電圧アンプです

電子写真プロセス用定電圧・定電流高電圧アンプ

HCOR-10B2は、弊社の高電圧に関する永年の経験とノウハウをベースに完成されたバイポーラ出力高速高電圧アンプです。オールソリッドステートによる高性能、高信頼を実現しました。

特長

  • 定電圧制御も定電流制御も可能な高電圧アンプ
  • リターン電流端子(標準装備)によるコロナ電流制御にも対応
  • 四象限出力 ±10kV、±2mA

用途

  • 感光体ドラムテスト
  • コロナ放電実験用
  • 電子写真プロセスの研究開発

ラインナップ

モデル名 出力 お問い合わせ
電圧 電流
HCOR-10B2 -10kVdc~+10kVdc -2mA~+2mA 購入前 購入後

機能

コロナ電流制御(リターン電流制御)

感光体ドラム等に帯電させるために高圧電源を使用する場合、目的の多くはドラム電流(Id)を制御することです。通常の高圧電源ではドラム電流(Id)とシールドへの漏れ電流(Is)の値の合計でしか制御できません(図1)。HCOR-10B2はRTN端子を使うことで、ドラムが接地している(図2)していない(図3)にかかわらずドラム電流(Id)を正確に制御することが可能です。

定電圧・定電流・高電圧アンプ・コロナ電流制御の図

出力範囲について

高電圧アンプは基本的に出力電流のシンク(吸い込み)機能があり、容量性負荷や誘導性負荷及びこれらの複合した負荷であっても、定電圧動作が可能です。しかも高速に応答しますので、まさに理想的な電源と言えます。
バイポーラ出力タイプのHCORでは四象限(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳエリア)フルに出力可能です。

出力範囲

オプション

-L(200V)

AC200V入力

200Vac±10% 50/60Hz 単相入力

-L(5m)

出力高圧ケーブル5m長

5m長ケーブルをご使用になる際は、スルーレートや応答速度の低下や出力波型の歪みといった現象が起きやすくなりますので、ご使用の際にはご注意ください。

ご発注方法

ご発注時は、上記のオプション記号を型名の後につけてください。

〈例〉HCOR-10B2-L(200V)(5m)

入力電圧、出力ケーブル長順につけてください。

入力ケーブル ※入力ケーブルの詳細はCABLEシリーズカタログをご参照ください。

CABLE TYPE 1

125V/10A

(標準添付)

  • CABLE TYPE 1
  • CABLE TYPE 1
CABLE TYPE 3

250V/10A

(-L(200V)オプション時添付)

  • CABLE TYPE 3
  • CABLE TYPE 3
  • それぞれ2.5m長となります。(詳しくはCABLEシリーズカタログをご覧ください)

出力ケーブル ※出力ケーブルの詳細はCNシリーズカタログをご参照ください。

CN-40-AHVP

出力高圧ケーブル 1.5m長

(標準添付)

  • CN-40-AHVP
CN-40-AHVP(5)

出力高圧ケーブル 5m長

(-L(5m)オプション時添付)

  • CN-40-AHVP

別売品

信号発生器(ファンクションジェネレータ)

ダウンロード

ダウンロードには会員登録が必要です。

本サイトでは、取扱説明書等の資料は全て最新版のみを公開しています。お持ちの製品によっては資料の版が異なる場合もありますのでご了承ください。

未登録の方はこちら

新規会員登録(無料)

会員の方はこちら

ログイン

電源装置