回生型直流電源(双方向電源)

回生型直流電源(双方向電源)とは、1台で直流電源と直流電子負荷の機能を持ち、電子負荷動作時に電力を交流電源側に回生する機能を持つ電源です。 松定プレシジョンの回生型直流電源は、最先端半導体デバイスとエアスルー回路ブロック技術を採用し、「コンパクト」「ハイパワー」な、高効率の回生型直流電源となっています。
ハイブリッド自動車や電気自動車、電動バイクの車載用インバータやコンバータ、モーターや車載充電器(OBC)の評価をはじめ、V2H機器あるいは太陽光発電や風力発電のパワーコンディショナーの評価試験など幅広い用途にご利用頂けます。
また、電源と電子負荷機能を合わせ持っているので、接続を切り替えることなく車載バッテリーや家庭用蓄電池の充放電テストが行えます。
さらに、バッテリーの充電と放電を模擬できるので、バッテリーの代替シミュレーター(標準機能)として利用できます。

電源装置