用途・事例

DC/DCコンバータとは、直流を直流へ変換する装置です。直流の電圧を変え、電圧変換を行うために使用されます。 PCの基板などに利用されているICなどの電子部品は固有の動作電圧をもち、さらに不安定な電圧では誤作動を起こしてしまいます。
そのため、そのような機器に直流電流を供給する際にDC/DCコンバータで電圧変換を行います。DC/DCという名称から「デコデコ」ともよばれます。

直流電流は交流電流のような周波数や層などの差はありません。電圧と電流量(抵抗)だけで条件が決まります。直流電流には、IC、電子回路のような低い電圧のものから、電気自動車のモータを動かすような高い電圧のものまであります。
DC/DCコンバータの評価では、入力側の電圧を変動させたり、出力側の負荷を変更して電流を変動させたりするなど、実際の使用状況を模擬する必要があります。また特に自動車に使用するDC/DCコンバータなどの場合、環境負荷低減の観点から回生エネルギーを使用するものを多くあります。

DC/DCコンバータ

回生エネルギーとは、負荷側のモータで生み出された電力を、コンバータを通じて再び入力側バッテリーに戻す仕組みです。そのため力行と回生の両方が模擬できる、双方向の電力を模擬した評価が必要になります。

松定プレシジョンでは、DC/DCコンバータの評価に使える直流電源や電子負荷の他、回生機能付きの直流電源などのラインナップを取りそろえています。

関連ワード:
  • DC/DCコンバータ
  • デコデコ
  • 双方向
  • 電圧変換
  • 電力回生