用途・事例

FPD(フラットパネルディスプレイ)とは、薄く平らな画面の映像表示装置の総称で、従来のCRT(ブラウン管)に代わる映像表示装置として普及してきました。 FPDには、液晶ディスプレイやプラズマディスプレイ、有機ELディスプレイ、電子ペーパーなどがあります。ブラウン管に比べて薄く、大きくてゆがみのない映像表示がしやすいのがメリットです。

FPDは現在、テレビやパソコンのモニターの他、スマートフォンやタブレット、ゲーム機、機械のコントロールパネル、サイネージなど、さまざまな場所に使用されています。このFPDを造る際に必要になるのが、FPD製造装置です。

FPDの製造は、回路設計からはじまり、ガラス基板の処理などを経て点灯検査などを行います。特に有機ELパネルでは、ディスプレイ素材の表面に特定の有機化合物の膜を製膜し、そこに電流を流して発光させることで映像が見られます。
この有機化合物の膜を作るために「蒸着」という処理を施します。蒸着の方法にはいろいろありますが、抵抗加熱式という蒸着源をヒーターで加熱して蒸着させるものでは、ヒーター制御用に直流電源が使われるケースがあります。

松定プレシジョンでは、FPD製造装置に使用する様々な電源を取り揃えています。

FPD
関連ワード:  
  • 有機ELディスプレイ
  • 製膜
  • 抵抗加熱式蒸着
  • ヒーター制御
  •