用途・事例

日本の電源電圧には、主に一般家庭で使用される100Vや工業施設用で使用される200Vがあります。しかし、研究開発などの現場では、機器を作動させたりさまざまな条件でシミュレーションを行ったりするため、一般的な電圧よりも高い電圧が必要です。
特に、電子顕微鏡やX線検査装置、光通信や宇宙科学実験などにおいては、素子内の電子を検出したり制御したりするために、強い電界が必要になります。強い電界を作り出すためには、高電圧が欠かせません。

このように、高い電圧が必要になった際に使用するのが「高圧電源」です。高圧電源とは、DCもしくはACで入力された電圧を、内部の電力変換回路を用いて高電圧に変換するものです。
高圧電源では、一般的な供給電力とは異なり、電圧や電流が安定していることが求められます。そのため高圧電源の内部には、出力を安定させる技術を組み込んでいるものもあります。

松定プレシジョンは、定格出力が1,000V以上のものを主に高圧電源と呼んでおり、豊富なラインナップと長年の実績があります。高圧電源だけでなく直流安定化電源、交流電源、バイポーラ電源などにおいても豊富なラインナップを取り揃えております。

高圧電源
関連ワード:
  • 高電圧