用途・事例

太陽光発電とは、光エネルギーを電気エネルギーに変換する太陽電池を用いた発電です。ソーラー発電やPV(photovoltaics)ともよばれます。太陽電池を直列または並列に敷き詰めた太陽光パネル(ソーラーパネル)を使って発電します。

小規模でも発電できるのが特徴で、道路標識や街路灯に太陽光パネルを取り付け、バッテリーと組み合わせて夜間点灯の電力源とするケースもあります。また太陽光発電は、再生可能エネルギーの一つとして注目を集めています。ソーラーパネルと蓄電池を組み合わせたエコ住宅も増えてきました。

さらに近年では空いている敷地に大量の太陽光パネルを設置する、メガソーラーも多く作られています。

太陽電池パネルから作られる電気は直流です。そのため家庭や工場で使用できるように交流に変換する必要があります。そこでインバーターを使用し、直流を交流に変換しています。

太陽光発電に使用するインバーターの開発時には、300~600Vほどの直流電源を太陽電池の代わりに使用する必要があります。入力側に直流電源を使用し、出力側には交流電子負荷を使用して開発やテストを行います。

松定プレシジョンでは、太陽光発電用のインバーターやバッテリーの開発・製造にも使える高圧電源や回生電源(双方向電源)を取りそろえています。

太陽光発電
関連ワード:
  • 太陽電池
  • バッテリー
  • ソーラー発電
  • インバーター
  • 蓄電池
  • 太陽光パネル
  • メガソーラー