用途・事例

インバータとは、交流電流の電圧や周波数を可変制御できる装置です。一般的に、電源から供給される交流電流は電圧と周波数が一定で、国によって統一されています。交流電流の電圧や周波数を任意の値に変更するには、交流(AC)の電気を一旦直流(DC)に変換し、再度交流(AC)に戻す必要があります。このとき「インバータ」が必要になります。

インバータに使われる電力用半導体素子をパワーデバイスといいます。パワーデバイスの中でも特にスイッチング素子となるのが、SiCを利用したIGBTや、GaNやGaOを利用したMOS-FETなどです。これらは高耐圧で大電流下での使用に適しているのが特徴です。

インバータを利用して電圧や周波数を変えることで、機械を制御する方式をインバータ駆動といいます。インバータ駆動には、エアコンや洗濯機のモータ、鉄道車両(電車)の駆動モータ、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)などがあります。特に鉄道車両やハイブリッド車では回生ブレーキによる回生エネルギーを活用でき、省エネ効果の高い駆動方式として注目されています。

松定プレシジョンは、インバータの研究開発や各種試験用にご利用いただける電源機器を取り揃えております。

インバータ駆動
関連ワード:
  • 回生
  • 回生ブレーキ
  • IGBT
  • MOS-FET
  • SiC
  • GaN
  • GaO
  • パワーデバイス
  • 高耐圧
  • スイッチング素子
  • 鉄道車両
  • 電車
  • 電気自動車
  • EV
  • HV
  • ハイブリッド車
  • PHV
  • プラグインハイブリッド車
  • 省エネ
  • モータ
  • エアコン
  • 洗濯機
  • DC
  • AC