s

技術コラム

テスターの使い方ガイド-電気機器の正しい測り方を学ぼう-

テスターの各部名称

テスターは、マルチメーターや回路計、回路試験機ともよばれ、一台で電圧や抵抗、電流が計れる、便利な計測器です。実験や評価の際のさまざまな測定に使用されたり、電気機器の保守点検などに使用されたりしています。

業界や業種によって、多少の違いはありますが、アナログでメーター表示されているものは「テスター」、デジタルでメーター表示されているものは「マルチメーター」と呼び分けていることも多いようです。

また、机の上などに据え置きで使用される大型のものはデジタルマルチメーターと区別することもあります。

このようにいくつかの呼び方はありますが、基本的な機能は同じです。

  • ①テスト棒
    測定する部位や部品に接触させ、測定を行うための入力装置です。
  • ②測定端子
    テスト棒から入力される信号を受け取ります。測定する作業によって、テスト棒を差し込む端子の位置が異なります。
  • ③ファンクションスイッチ(レンジ切り替えスイッチ)
    交流電圧や直流電圧、電流などの測定モードや、測定のレンジを切り替えます。
  • ④ファンクションボタン(セレクトボタン)
    デジタルテスターの場合、ファンクションスイッチとファンクションボタンを組み合わせて、測定モードを切り替えます。ファンクションボタンを押すと液晶表示が切り替わります。
  • ⑤ゼロオーム切り替えスイッチ
    内部抵抗などにより発生する表示のばらつきを修正するためのつまみです。
  • ⑥目盛板
  • ⑦指針
  • ⑧表示盤

テスターの各部名称
アナログテスター/デジタルテスター

テスターによる各種測定方法

各種測定方法を確認しておきましょう。

まず、アナログテスターの場合、測定前の準備として、テスターの0位置の調節を行っておきます。さらに、導通確認もしておきましょう。レンジ切り替えスイッチを抵抗測定モードに合わせて、リード棒同士を当てます。0Ωに近い数値が出ればOKです。

テスターによる測定は基本的に
①テスト棒の赤プラグを+入力端子に、黒プラグを-入力端子に差し込む
②測定レンジを合わせる
③測定部位にテスト棒を接触させる
④目盛板から切り替えつまみの測定レンジに合った目盛を確認し、電流計の指針が示している数値を読み取る(デジタルテスターの場合は表示板から数値を読み取る)
の4ステップで行います。過大な電流や電圧がかかると故障の原因になるため、測定値が予想できない場合は、どのモードであっても最大レンジから測定を開始し、様子を見ながらレンジを下げるようにします。

交流/直流電圧の測り方

交流/直流電圧の測り方

プラグを差し込んだら、レンジ切り替えスイッチを交流/直流電圧モードに切り替えて、想定される電圧レンジを選びます。その後、測定対象の-側に黒のテスト棒を、+側に赤のテスト棒をそれぞれ当てます。

抵抗の測り方

抵抗の測り方

プラグを差し込んで、レンジ切り替えスイッチを抵抗モードに切り替えたら、テスト棒同士を当ててゼロオーム切り替えスイッチを回し、指針を0Ωの位置に合わせます。

合わせ終わったら測定対象の両端に赤と黒のテスト棒を当てます。必ず測定対象の電源を切ってから測定しましょう。

直流電流の測り方

直流電流の測り方

プラグを差し込んで、レンジ切り替えスイッチを直流電流モードに切り替えたら、測定対象の+側に赤のテスト棒を、-側に黒のテスト棒をそれぞれ当てます。なお、アナログテスターは交流電流を測定できません。

デジタルテスターとアナログテスターの違い

テスターにはアナログとデジタルの2種類があります。世の中全体がデジタル化している現在、テスターも同様にデジタルが主流になっていますが、どちらにもメリットとデメリットがあります。

デジタルテスターのメリット

  • 数値で表示されるため、測定者によるばらつきがない
  • テスターそのものの精度が高く、正確な測定ができる
  • 熱電対を使用した温度測定モードや通電確認モードなど、モードの切り替えでさまざまな機能が使用できる
  • アナログテスターに比べ、操作がかんたん
  • ラインナップが豊富

デジタルテスターのデメリット

  • 機能が多いため、慣れが必要
  • 変動する数値の読み取りが難しい
  • 電池が無いと測れなくなる

アナログテスターのメリット

  • 感覚的な理解がしやすい
  • 針が振れるため、電圧や電流などの変動する数値を認識しやすい
  • 電圧・電流だけなら電池が無くても測定できる

アナログテスターのデメリット

  • 内部抵抗によるばらつきがあり、測定に誤差が生じる
  • 目盛を読まなければならない

また特にデジタルテスターにおいては、安価なハンディタイプだけでなく、価格が高い高性能なテスターも販売されています。安価なテスターに比べ、安全性や耐久性が高く、精度が高くなります。

ほかにも、同時に複数のチャンネルの測定が可能であったり、対応する電流や電圧の範囲が広かったりできるほか、USBで接続も可能です。