用途・事例

燃料噴射装置(インジェクター)とはディーゼルエンジンやガソリンエンジンの燃焼室の中に燃料を噴射する装置です。
エンジンは燃焼室内で燃料を爆発的に燃焼させ、その勢いでピストンを動かして動力を得ます。このとき燃料を霧状にし、空気と混合しなければ、爆発的な燃料には至りません。そのために噴射装置を使い、燃焼室内の給気口付近に燃料を噴射しているのです。
燃料タンクに備え付けられた燃料ポンプに吸い上げられた燃料は、燃料系統パイプに高い圧力で送られます。燃料系統パイプの末端にはインジェクターがあり、燃料はここからエンジンの燃焼室内に送られます。

インジェクターは、電気信号によりプランジャーを作動させるものと、機械式噴射ポンプによって高圧となった燃料により開弁するものがあります。
インジェクターの規定噴射量は、先端のノズルの孔径によってほぼ決定され、孔が大きくなるほど、同じ燃料圧力でもより多くの燃料が噴射できます。またノズルの孔径が同じであっても、燃料圧力が高くなれば、より多くの燃料を噴射できるようになっています。

ピエゾ式インジェクターでは、ピエゾ素子に送られた電気信号により弁の開閉をコントロールし、電気信号でプランジャーの圧力をコントロールします。ピエゾ式インジェクターは電磁ソレノイド式インジェクターよりも素早い動作が可能です。エンジンの排気量や性能、そのときの回転数や出力トルクに応じて、適切な量の燃料を噴射します

燃料噴射装置(インジェクター)
関連ワード:
  • ディーゼルエンジン
  • ガソリンエンジン
  • 燃料噴射装置