用途・事例

フラットパネルディテクター(FPD)とは、デジタルX線撮影で使用される撮影素子です。通常のデジタルカメラが、レンズを通した光をCMOSセンサで受けて画像に変換するのと同じように、影物を透過してきたX線を画像に変換します。
フラットパネルディテクターはX線CTやレントゲン、マンモグラフィーなどで、従来のX線II(イメージインテンシファイア)や、IP(イメージングプレート)の代わりに使用されています。X線IIよりダイナミックレンジが広く、さらにIPのようにプレートを取り出して画像を取り出す必要がないため、リアルタイムに画像を見ることができます。

FPDには、間接変換式フラットパネルディテクターと、直接変換式フラットパネルディテクターの2つの種類があります。
間接式では、シンチレーターをフラットに敷き詰め、PD(フォトダイオード)で発光を検出します。電源を使わないのが特徴です。
直接式では、セレンの膜に高電圧バイアスをかけ、X線が入ると流れる電流でTFTトランジスタがONになり、その信号を画像に変換しています。

松定プレシジョンではセレンの膜に高電圧をかけるための電源を取り扱っています。

フラットパネルディテクター(FPD)
関連ワード:
  • 直接変換式フラットパネルディテクター(FPD)