技術コラム

直流安定化電源には、電圧・電流を安定して得るために次のような制御方式が用いられます。

制御方式

種類 主な特長 メリット デメリット 対象製品
シリーズレギュレータ電源 入力と出力の間に制御回路を入れて安定化させます。 ノイズが非常に小さい。
応答速度が速い。
効率が悪い。
大きく重い。
P4L
P4LT
PLJ/PLD/PLM
スイッチング電源 入力を切ったり入れたりすることで高周波を作りだし、整流・制御して安定化させます。 効率がよい。
小さく軽い。
入力電圧範囲が広い。
シリーズレギュレータ方式に比べてノイズが大きい。 P4K-36
P4K-80
PK-80
PK
PKT
TB
PRK/PRKJ
PR
PRH
PRM

直流安定化電源は、負荷が変化しても出力電圧が安定している「直流定電圧電源」、出力電流が安定している「直流定電流電源」に大別されます。

定電圧をCV(Constant Voltage)、定電流をCC(Constant Current)ということもあります。


ご用途やご希望のスペックをご連絡いただければ専門スタッフよりご回答させていただきます。
お問い合わせ
よりお気軽にご相談下さい。