• PBRシリーズ|回生型直流電源(双方向電源)|松定プレシジョン
  • PBRシリーズ|回生型直流電源(双方向電源)|松定プレシジョン

NEWPBRシリーズ(回生電源)

力行・回生運転が可能な
双方向電源

電源と電子負荷の機能を1台でこなし、
豊富な機能を搭載した、高性能な回生型直流電源。

標準装備
can
  • 最大3600A(10台接続時)
  • 最大150kW(10台接続時)

小型で高性能な双方向電源

PBRシリーズは、直流電源としても直流電子負荷としても使える双方向動作に加えて回生機能も搭載した高性能な電源です。
フロントパネルからの操作だけで動作シーケンスの設定や動作ログの取得ができたりと、お客様の開発環境をサポートする機能も充実。さらに、並列接続による出力増大にも対応。

PBRシリーズ 紹介動画

回生型直流電源(双方向電源)とは?

回生型直流電源(双方向電源)とは、1台で直流電源直流電子負荷の機能を持ち、電子負荷動作時に電力を交流電源側(系統)に回生する機能を持つ電源です。直流電源と直流電子負荷の機能をもっていますので、モーターのインバータやバッテリー、双方向のDC-DCコンバータなどの評価の際に接続を切り替えることなくコンパクトに行うことができます。
また、直流電子負荷時に電力を高効率に回生しますので、放熱部分を大幅に小型化することができています。

主な用途

ハイブリッド自動車や電気自動車(EV)・電動バイクの車載用インバータやコンバータ、モーターや車載充電器(OBC)の評価や、V2H機器、太陽光発電、風力発電のパワーコンディショナーの評価試験など幅広い用途に利用いただけます。
また、1台で電源と電子負荷機能を持っているので、車載バッテリーや家庭用蓄電池の充放電テストが接続切替なしで行えます。
バッテリーの充電と放電を模擬できるので、バッテリーの代替シミュレータ(バッテリシミュレータ機能)としても利用可能です。

詳しくは、「用途」をご覧ください。

特徴

小型軽量化で現場の省スペースに貢献

最先端の高効率パワー半導体を用いるなどして発熱を抑え、さらに独自技術である「エアースルー回路ブロック」により、回路ブロックの小型化やエアフローの効率化を実現。

従来品に比べ約3~4分の1という小型化に成功。
10台構成でもラック1本に収まり、排熱抑制の効果も合わせると試験室への負担は大幅に抑えられます。

回生電源 省スペースになったことで、他の計測器なども置けるように

省スペースになったことで、他の計測器なども置けるように

回生電源 排熱の効率アップ

全61種の豊富なラインナップ

PBRシリーズは最大10台まで並列接続することで出力を増大する事が可能です。
5kW~150kWまで60を超える豊富なラインナップをご用意。用途・仕様に応じた最適なモデルをお選びいただけます。

PBRシリーズのラインナップはこちら

複数台のPBRシリーズを1つのラックに収めた
PBRMシリーズの詳細はこちら

回生電源 全61種の豊富なラインナップ

お客様の開発環境をサポートする豊富な機能

シーケンス機能

シーケンスプログラムを知識が無くても簡単作成
プログラムはPCでもPBR本体でも作成可能です。

回生電源 シーケンス機能
バッテリシミュレータ機能

バッテリの動作をグラフで簡単設定
グラフを見ながら数値入力したりグラフを直接ドラッグして設定もできるので、直感的な操作が可能です。

回生電源 バッテリシミュレータ機能

他にも、動作ログを即グラフ化する「動作ログ機能」や、充放電シーケンスを簡単に作成可能な「バッテリー充放電ソフト」など、沢山の機能を搭載。

詳しくは「機能」をご覧ください。

充放電シーケンスも簡単に作成できるバッテリ充放電ソフト 新機能

アイコンを画面上でドラック&ドロップするだけで
複雑な充放電シーケンスを簡単に設定可能です。

CANインターフェイスオプションを選択すると、CAN通信で接続したBMC・BMUからのコマンドを確認し、終始条件として使用可能です。

回生電源 充放電シーケンスも簡単に作成できるバッテリ充放電ソフト

ラインナップ

モデル カ行・回生最大値 系統電源 お問い合わせ
電圧 電流[A]
電圧[Vdc] 電流[A] 電力[kW] 電圧[Vac] 単相/三相 電圧[Hz]
PBR80V120A5kW 80 120 5 200~240 単相 50/60 33 購入前 購入後
PBR80V240A10kW 80 240 10 三相 2x33、1x58 購入前 購入後
PBR80V360A15kW 80 360 15 3x58 購入前 購入後
近日発売
PBR120V90A5kW
120 90 5 単相 33 購入前 購入後
近日発売
PBR120V180A10kW
120 180 10 三相 2x33、1x58 購入前 購入後
近日発売
PBR120V270A15kW
120 270 15 3x58 購入前 購入後
PBR200V70A5kW 200 70 5 単相 33 購入前 購入後
PBR200V140A10kW 200 140 10 三相 2x33、1x58 購入前 購入後
PBR200V210A15kW 200 210 15 3x58 購入前 購入後
PBR500V33A5kW 500 33 5 単相 33 購入前 購入後
PBR500V66A10kW 500 66 10 三相 2x33、1x58 購入前 購入後
PBR500V100A15kW 500 100 15 3x58 購入前 購入後
PBR600V71A15kW 600 71 15 3x58 購入前 購入後
PBR850V36A5kW 850 36 5 3x20 購入前 購入後
PBR850V45A10kW 850 45 10 3x40 購入前 購入後
PBR850V53A15kW 850 53 15 3x58 購入前 購入後
PBR1500V20A5kW 1500 20 5 3x20 購入前 購入後
PBR1500V25A10kW 1500 25 10 3x40 購入前 購入後
PBR1500V30A15kW 1500 30 15 3x58 購入前 購入後

※回生された電力は全て構内で消費されることを前提に設計されています。

機能

フロントUSB端子を利用した3つの応用動作

回生電源 USB端子から3つの応用動作をインプット

PCを常設できない場所でも、フロントUSB端子を利用してシーケンス動作・動作ログ取得が可能!!

専用ソフトで作成したシーケンスは、USBメモリに保存し、フロントUSB端子からロード可能です。
シーケンス作成は本体からはもちろん、PCから専用ソフトでも可能です。

① シーケンス機能:MSS(松定シーケンスソフトウェア)

シーケンスプログラムを知識がなくても簡単に作成

シーケンス作成は本体からはもちろんPCから専用ソフト(MSS)でも可能です。MSSを使用することでより簡単・楽に作成していただくことができます。
作成したシーケンスは、USBメモリに保存し、フロントUSB端子から最大1,024ステップのシーケンスプログラムをロード可能です。

回生電源 シーケンス機能

② 動作ログ表示機能:MLV(松定ログビューワー)

動作ログを即グラフ化、編集もスムーズに

ログファイルを読み込み、グラフ表示可能です。
CSV形式で保存できる為、表計算ソフトを使った編集もスムーズに実行できます。

回生電源 動作ログ表示機能

③ バッテリシミュレータ機能:MBS(松定バッテリシミュレータ)

バッテリの動作をグラフで簡単設定

バッテリ基本特性であるI-Vカーブを模擬することができます。
グラフを見ながらの数値入力や、グラフを直接ドラッグして設定できるので、直感的な操作が可能。

回生電源 バッテリの動作をグラフで簡単設定
SOC自動可変機能(オプション):-LAsoc

バッテリ充電率の増減に伴うI -V特性の変化を模擬することが可能です。これにより、充電率の変化による対象物の特性評価などをスムースに行うことができます。
グラフパターンは最大100個まで生成することができます。

回生電源 SOC自動可変機能(オプション):-LAsoc

大型カラータッチパネルを採用

回生電源 操作性を追求した大型パネル

大型カラータッチパネルを採用し、操作性・視認性を大幅にUPさせました。

  • 出力(電圧/電流/電力)や各パラメータの設定も簡単!
  • 複雑なシーケンスも楽々設定!
  • 従来機種には無かったエラー検出もお好みで選択!
  • 力行/回生の動作モードを表示カラーで瞬時に判断!
  • 設定変更ダイヤルも従来通りの設定と使い分けも可能!

お客様の開発環境をサポートする豊富な機能を搭載

シーケンス機能

ステップ時間やステップ振幅、ランプ、CV/CCモード、シーケンス終了設定、ステップジャンプ、ジャンプ回数などのパラメータをフロントパネル上の操作だけでプログラミング可能。
任意の波形生成が可能になる事で、実験や評価、検証など様々な用途にご利用いただけます。

■プログラムイメージ

回生電源 シーケンス機能 プログラムイメージ ※専用ソフトからのシーケンス作成も可能です

CV/CC 優先設定機能

CV(定電圧)優先/CC(定電流)優先モードを選択・設定できます。
CC優先モードを選択することによりオーバーシュートを抑え、高出力レーザダイオードなど高価な負荷を破損させてしまうリスクを低減することができます。

■プログラムイメージ

回生電源 CV優先モード
回生電源 CC優先モード

※CC優先モード時においても電圧設定は解放せず、CC状態が保てる範囲でCCの設定値を極力低い値に設定することで、オーバーシュートがより出にくくなります。

内部抵抗可変機能(CVモード時)

内部抵抗値を任意の値に設定し、負荷電流による電圧降下を発生させることで、バッテリ、太陽電池、燃料電池を疑似することができます。

回生電源 内部抵抗可変機能(CVモード時)

2モードロック機能

フロントパネルの操作をすべてロックする「フルLOCK」と、ON/OFFスイッチ以外の操作をロックする「通常LOCK」の2つのモードを設定可能。

回生電源 2モードロック機能 ※画面は通常LOCKイメージです
※どちらのモードでもPOWER ON/OFF

プリセットメモリ機能

パワーオフ時に自動でプリセット値を保存します。
その他にも出力電圧、出力電流および出力電力の設定値をそれぞれ3つまで保存することができます。

残電圧検知LED

出力状態あるいは出力OFF状態で、DC入出力端子に電圧が残っている場合に、リアパネルのLEDが点滅します(力行時のみ)。
電圧が残っているかの目安にお使いいただけます。

マスタースレーブ制御による拡張に対応

お客様側で簡単に増設! 最大150kWまで

同一シリーズであれば、シェアケーブルと並列制御ケーブル(LANケーブル)だけでお客様側で簡単に容量UPができます。
試験内容・試験対象が変わっても、必要分だけを追加するだけで済みます。

弊社で加工済みのシェアケーブルと並列制御ケーブルをセットにした『マスタースレーブ制御用ケーブル』も準備しております。詳しくは、別売品をご覧ください。

回生電源 マスタースレーブ制御による拡張に対応

バッテリ充放電ソフト(別売 : PBR-BT)NEW

複雑な充電・放電シーケンスをらくらく作成

アイコンを画面上でドラック&ドロップするだけで充放電シーケンスを簡単に設定可能。

測定機能との各セルの電圧・温度をリアルタイムでモニタリング

データロガーを接続する事で、各セルの電圧・温度をリアルタイムに測定し、確認することが可能。

BMC・BMS・BMUとCAN通信による連携が可能

CAN通信で接続したBMC・BMS・BMUからのコマンドを確認し、終始条件として使用可能。

回生電源 バッテリ充放電ソフト 回生電源 バッテリ充放電ソフト

機能の詳しい仕様については、こちらよりカタログをダウンロードし、ご参照ください。

仕様

運転範囲イメージ

PBR80V240A10kW、PBR80V360A15kW

回生電源 運転範囲PBR80V240A10kW、PBR80V360A15kW

PBR200V210A15kW

回生電源 運転範囲PBR200V210A15kW

PBR500V100A15kW

回生電源 運転範囲PBR500V100A15kW

PBR850V53A15kW

回生電源 運転範囲PBR850V53A15kW

PBR1500V30A15kW

回生電源 運転範囲PBR1500V30A15kW

回生動作には下限値があります。詳細につきましては、こちらよりお問い合わせください。

一般仕様

一般仕様については、こちらよりカタログをダウンロードし、ご参照ください。

外形寸法

外形寸法については、こちらよりカタログをダウンロードし、ご参照ください。

用途

双方向DC/DCコンバータ評価

入口・出口にPBRを2台準備することで、従来の電源と電子負荷の組み合わせのような配線の切り替えなどの段取り替えから解放されます。1台を力行モード、もう1台を回生モードで使用することで使用電力を低減できます。

回生電源

インバータ/モータ評価

モータやインバータからの逆起電流を1台で吸収できます。
バッテリ模擬電源として力行・回生ができる回生式直流電源が必要とされます。

回生電源

バッテリ充電/放電試験

1台で充電・放電動作ができます。従来の電源と電子負荷の組み合わせで発生していた段取り返え時間の短縮や、専用ソフトを準備しておりますので、ソフト構築の時間の有効利用に貢献します。

回生電源

蓄電用パワーコンディショナ評価

回生式直流電源でバッテリの模擬動作をし、パワーコンディショナの評価が出来ます。
バッテリシュミレータ機能:MBSやSOC自動可変機能:-LAsocを使うことで簡単に評価可能です。

回生電源

その他の用途

オプション

-LAsoc

SOC自動可変機能

詳しくは機能のSOC自動可変機能(オプション)を参照してください。

-LCa 

CANインターフェースボード

本機の出力制御や動作状況のモニタリングを、CAN通信により行うことができます。

-LGob 

光通信インターフェースボード

本機の出力制御や動作状況のモニタリングを、光通信により行うことができます。

  • -LGob:光インターフェースボード+光ケーブル2m長
  • -LGob(Fc5):光インターフェースボード+光ケーブル5m長
  • -LGob(Fc10):光インターフェースボード+光ケーブル10m長
  • -LGob(Fc20):光インターフェースボード+光ケーブル20m長
  • -LGob(Fc40):光インターフェースボード+光ケーブル40m長

光通信で絶縁コントロールします。光ファイバによる完全絶縁を行うため、サージや誘電雷、外来ノイズなどによる過渡現象などの誤作動を未然に防ぐことが可能です。

制御側の光通信アダプタは別途お買い求めください。
  • LAN用:ET-32
  • USB用:USB-OPT
  • RS-232C用:GP-OPT2-9/GP-OPT2-25
  • RS-485用:GP-OPT4-25
  • GPIB用:GP-32

-LRs 

RS-232C/485インターフェースボード

本機の出力制御や動作状況のモニタリングを、RS-232C/485通信により行うことができます。

-L(400V)

400Vac 三相入力対応

系統電源電圧が400Vac 三相 50Hz/60Hzになります。
対応モデルはPBR500V100A15kW-L(400V)、PBR1500V30A15kW-L(400V)です。

※-LCa、-LGob、-LRs、それぞれ同時に選択することはできません。

ご発注方法

ご発注時は、上記のオプション記号を型名の後につけてください。(アルファベット、数字順)

〈例〉PBR80V240A10kW-LGob(Fc10)(400V)
   PBR500V100A15kW-LAsocCa

別売品

AC入力ケーブル

CABLE TYPE 14、15、16

CABLE TYPE 17

  • 定格電圧/電流:250V/33A
  • ケーブル長:2.5m

※周囲温度が+40℃の環境下での単相使用における最大値です。

CABLE TYPE 14

※入力端子はお客様にて
取付けてください

  • AC入力ケーブル TYPE14

    本体側

  • AC入力ケーブル TYPE14

    給電側

CABLE TYPE 15



  • AC入力ケーブル TYPE15

    本体側

  • AC入力ケーブル TYPE15

    給電側

CABLE TYPE 16

-L(400V)オプション用

  • AC入力ケーブル TYPE16

    本体側

  • AC入力ケーブル TYPE16

    給電側

CABLE TYPE 17

80V120A5kW、200V70A5kW、500V33A5kWモデル用

  • AC入力ケーブル TYPE17

    本体側

  • AC入力ケーブル TYPE17

    給電側

マスタスレーブ制御用ケーブル

  • モデル名: PBR-MS接続台数ケーブル

シェア端子取り付け済みの「シェアケーブル」と「並列制御ケーブル(LANケーブル)」をセットにしたケーブルです。
「シェアケーブル」の端子間の長さは約0.5mです。
2台のPBRをつなぐ時は約0.5m、3台のPBRをつなぐ時は約1mというように全長が変わります。
「並列制御ケーブル(LANケーブル)」は2台の時は1本、3台の時は2本、10台の時は9本が添付されます。

(例)

  • 2台構成の場合 …●シェアケーブル:0.5m(1本)●並列制御ケーブル:0.5m(1本)
  • 3台構成の場合 …●シェアケーブル:1m(1本)●並列制御ケーブル:0.5m(2本)
  • 10台構成の場合 …●シェアケーブル:4.5m(1本)●並列制御ケーブル:0.5m(9本)

台数によって型名が変わります。
モデル名の□内には接続する台数により2~10の数字を指定してご発注ください。2台のPBRでマスタスレーブを行う際は「2」、10台で行う際は「10」が入ります。

モデル例 〈例〉 PBR-MS2ケーブル

(例)3台接続用のシェアケーブル

接続イメージ

ダウンロード

ダウンロードには会員登録が必要です。

本サイトでは、取扱説明書等の資料は全て最新版のみを公開しています。お持ちの製品によっては資料の版が異なる場合もありますのでご了承ください。

未登録の方はこちら

新規会員登録(無料)

会員の方はこちら

ログイン

電源装置