s
  • PBRシリーズ
  • PBRシリーズ

NEWPBRシリーズ(回生電源)

力行・回生運転が可能な双方向電源

回生式直流電源

  • 回生機能付き
  • コンパクトサイズ
  • 最大3600A(10台接続時)
  • 最大150kW(10台接続時)

エアスルー回路ブロック技術を採用
19インチ3Uサイズで15kWの大電力をワイドに出力できる次世代モデルの回生電源

コンパクト設計

EVやハイブリッド車の台頭により、多様な双方向インバータ、モーター関連機器が開発されています。
PBRはそれらの開発に必要とされるバッテリー模擬用電源として、活躍しています。従来の回生電源と比べ、コンパクトかつ並列動作ができる当社の製品は、多様化する評価・試験に柔軟に対応することが可能です。
その他にも太陽光発電や再生可能エネルギーの技術開発に、当社の回生電源は期待されています。

回生電源 コンパクト設計

最先端半導体デバイス

電源内部の発熱そのものを抑えるために、高効率の半導体素子をはじめとする最新のデバイスを厳選して採用しています。これにより、高い性能をフルに発揮するために十分な冷却性能を備えることができます。

エアスルー回路ブロック技術

回路ブロックの構成を見直し小型化するとともに、デッドスペースを極力排除して空間効率に優れたブロックの配置を徹底的に追及しました。
結果として、従来は排熱のために空けておく必要があった内部の空間を最小限に抑えた高密度実装が可能となり、装置全体の高さをわずか133mmのコンパクトサイズに収めることに成功しました。

回生電源 排熱の効率アップ

現場の省スペース化に貢献

圧倒的にコンパクトなPBRはお客様の省スペース化へとつながります。回生電源が省スペースになったことで、他の計測器なども置けるようになりスペースを有効に活用できます。

従来品 100 kW
回生電源 省スペース化 Before
PBR 150 kW
回生電源 省スペース化 After

ラインナップ

モデル カ行・回生最大値 系統電源 お問い合わせ
電圧 電流[A]
電圧[Vdc] 電流[A] 電力[kW] 電圧[Vac] 単相/三相 電圧[Hz]
PBR80V120A5kW 80 120 5 200~240 単相 50/60 33 購入前 購入後
PBR80V240A10kW 80 240 10 三相 2x33、1x58 購入前 購入後
PBR80V360A15kW 80 360 15 3x58 購入前 購入後
PBR200V70A5kW 200 70 5 単相 33 購入前 購入後
PBR200V140A10kW 200 140 10 三相 2x33、1x58 購入前 購入後
PBR200V210A15kW 200 210 15 3x58 購入前 購入後
PBR500V33A5kW 500 33 5 単相 33 購入前 購入後
PBR500V66A10kW 500 66 10 三相 2x33、1x58 購入前 購入後
PBR500V100A15kW 500 100 15 3x58 購入前 購入後
PBR600V71A15kW 600 71 15 3x58 購入前 購入後
PBR850V36A5kW 850 36 5 3x20 購入前 購入後
PBR850V45A10kW 850 45 10 3x40 購入前 購入後
PBR850V53A15kW 850 53 15 3x58 購入前 購入後
PBR1500V20A5kW 1500 20 5 3x20 購入前 購入後
PBR1500V25A10kW 1500 25 10 3x40 購入前 購入後
PBR1500V30A15kW 1500 30 15 3x58 購入前 購入後

※近日発売予定。随時ラインナップを追加していく予定です。

回生された電力は全て構内で消費されることを前提に設計されています。

機能

バッテリシミュレータ機能(標準機能)

バッテリシミュレータ機能は、バッテリ基本特性であるI-Vカーブを模擬することが可能です。PBR本体の定格電圧/電流範囲内において、電圧/電流値を1001点設定することができます。この機能は、標準添付されているPCアプリで設定・ロードすることで、使用が可能となります。この機能により、最大100のグラフパターン(I-Vカーブ)をPBR本体にロードすることができます。

■ソフトウェアイメージ

回生電源 ソフトウェアイメージ

SOC自動可変機能(オプション)

-LAsocオプションにより、カ行及び回生動作に応じて事前に作成したグラフパターンを自動で切り替えすることが可能となります。カ行動作時はSOCが下降、回生動作時はSOCが上昇します。
カ行及び回生動作それぞれで積算電流値を自動計算し、それに適したグラフパターンに切り替わります。

シーケンス機能

(カ行動作時のみ。回生動作はシーケンス制御には対応していません)

ステップ時間やステップ振幅、ランプ、CV/CCモード、シーケンス終了設定、ステップジャンプ、ジャンプ回数などのパラメータをフロントパネル上での操作だけでプログラミングできるシーケンス機能を備えています。これにより任意の波形生成が可能になり、実験や評価、検証などの様々な用途にご利用いただけます。

  • ステップ設定時間 0.0s~3600.0s
  • 1プログラムにつき最大1024ステップの設定と保存が可能
  • プログラム毎にCV/CCモードが設定可能
  • 繰り返し設定回数 無限回、または1回~999回

■プログラムイメージ

回生電源 プログラムイメージ

また、これらの一連の設定をPCから行うための専用ソフトウェアも添付されていますので使い方に応じて使い分けていただくことができます。

■専用ソフトウェア画面イメージ

回生電源 専用ソフトウェア画面イメージ

CV/CC 優先設定機能

CV(定電圧)優先/CC(定電流)優先モードを選択・設定できます。
ダイオードのように、ある点で抵抗値が急激に変化する負荷においては、CVモードで立ち上げると電流がオーバーシュートしてしまいます。
PBRシリーズでは、CC優先モードを選択することによりオーバーシュートの発生を抑えます。
高出力レーザダイオードなど高価な負荷を破損させてしまうリスクを低減することができます。

回生電源 CV優先モード
回生電源 CC優先モード

※CC優先モード時においても電圧設定は解放せず、CC状態が 保てる範囲でCCの設定値を極力低い値に設定することで、オーバーシュートがより出にくくなります。

  

その他の主な機能

マスタスレーブ制御により150kWまで拡張可能

合計10台までの並列接続により、幅広い出力範囲をカバーできます。

接続イメージ
回生電源

回生電源 接続イメージ

※ 別売品としてマスタースレーブ制御用ケーブルをご用意しています。

  • MASTER とSLAVE 合わせて10台までの拡張が可能です。
  • マスタスレーブ接続時は、ユニット全体の出力電圧・電流値がMASTERの出力電圧・電流メータに表示されます。
    ( 各SLAVE の出力電圧・電流メータに各々の出力値は表示されません)
  • 注: 本機と負荷を接続するケーブルの長さはどれも同じ長さにしてください。

フロントUSB端子によるシーケンス設定の入出力・動作ログの出力

ユーザーにより任意に作成されたシーケンス設定の読込みと、各種動作ログの収集が簡単に行えます。詳しくはログイン後、こちらよりカタログをダウンロードしていただきご確認ください。

■動作ログイメージ

回生電源 動作ログイメージ

動作ログ表示ソフトは本機が出力したログファイルを読み込み、グラフ表示する専用ソフトです。

  • 経過時間
  • CC/CVモード
  • 出力値(電圧、電流、電力)
  • ステータス
  • エラー情報
  • などの動作ログ情報を表示することができます。

2モードロック機能

フロントパネルの操作を全てロックする「フルLOCK」とON/OFFスイッチ以外の操作をロックする「通常LOCK」、2つのモードから選択して設定できます。
「フルLOCK」モードでは誤操作を確実に防止したい場合に、また「通常LOCK」では誤操作は防止しつつも緊急停止はしやすくしておきたいという場合に、お客様の考える「安全」を確実にする便利な機能です。

(どちらのモードでもPOWER ON/OFFスイッチでの緊急停止は可能です)

回生電源 ロック機能 フルLOCK

フルLOCK

LOCK解除以外の全てのスイッチ、タッチパネル、エンコーダをLOCKします。リモートコントロール時の誤停止を防止する目的や完全に誤動作を防ぎたい場合に有効です。

回生電源 ロック機能 通常LOCK

通常LOCK

ON/OFFスイッチ以外のスイッチ、タッチパネル、エンコーダをLOCKします。ローカルコントロール時に誤って出力値を変えてしまうことを防ぐ目的や緊急停止をしやすくする場合に有効です。

内部抵抗可変機能(CVモード時)

回生電源 内部抵抗可変機能(CVモード時)

内部抵抗値を任意の値に設定し、負荷電流による電圧降下を発生させます。
バッテリ、太陽電池、燃料電池を疑似することができます。
(内部抵抗値の設定範囲は、0Ω~定格電圧/定格電流となります。)

リモートコントロール

ステータス出力
回生電源 ステータス出力

本機背面のTB1コネクタから、オープンコレクタによるステータス出力が可能です。

ステータス種類 TB1コネクタピン
出力 コモン
OVP 13 6
OTP 14
CV/CC or CP 15

耐圧 30V
SINK電流 5mA以下
コモンはフローティング

運転範囲

PBR80V240A10kW、PBR80V360A15kWの運転範囲イメージ

回生電源 運転範囲PBR80V240A10kW、PBR80V360A15kW

PBR200V210A15kWの運転範囲イメージ

回生電源 運転範囲PBR200V210A15kW

PBR500V100A15kWの運転範囲イメージ

回生電源 運転範囲PBR500V100A15kW

PBR850V53A15kWの運転範囲イメージ

回生電源 運転範囲PBR850V53A15kW

PBR1500V30A15kWの運転範囲イメージ

回生電源 運転範囲PBR1500V30A15kW

回生動作には下限値があります。詳細につきましては、こちらよりお問い合わせください。

仕様

一般仕様については、こちらよりカタログをダウンロードし、ご参照ください。

オプション

※-LCa、-LGob、-LRs、それぞれ同時に選択することはできません。

-LAsoc

SOC自動可変機能

詳しくは機能のSOC自動可変機能の項目を参照してください。

-LCa 

CANインターフェースボード

本機の出力制御や動作状況のモニタリングを、CAN通信により行うことができます。

-LGob 

光通信インターフェースボード

  • -LGob:光インターフェースボード+光ケーブル2m長
  • -LGob(Fc5):光インターフェースボード+光ケーブル5m長
  • -LGob(Fc10):光インターフェースボード+光ケーブル10m長
  • -LGob(Fc20):光インターフェースボード+光ケーブル20m長
  • -LGob(Fc40):光インターフェースボード+光ケーブル40m長

光通信で絶縁コントロールします。光ファイバによる完全絶縁を行うため、サージや誘電雷、外来ノイズなどによる過渡現象などの誤作動を未然に防ぐことが可能です。

制御側の光通信アダプタは別途お買い求めください。

例) USB-光変換アダプタ、型名:USB-OPT

-LRs ※ 近日発売

RS-232C/485インターフェースボード

本機の出力制御や動作状況のモニタリングを、RS-232C/485通信により行うことができます。

-L(400V)近日発売

400Vac 三相入力対応

系統電源電圧が400Vac 三相 50/60Hzになります。
対応モデルはPBR500V100A15kW-L(400V)、PBR1500V30A15kW-L(400V)です。

ご発注方法

ご発注時は、上記のオプション記号を型名の後につけてください。(アルファベット、数字順)

〈例〉PBR80V240A10kW-LGob(Fc10)
   PBR500V100A15kW-LCa

別売品

AC入力ケーブル

  • モデル名: CABLE TYPE 14、CABLE TYPE 15、CABLE TYPE 16
  • 定格電圧/電流:600V/58A
  • ケーブル長:10m

ケーブル長の延長を希望される場合は、こちらよりお問い合わせください。

※地域の電気工事規程によっては本機と給電側との間にブレーカを設置する必要があります。

ケーブル
タイプ
本体側 給電側
TYPE 14

※入力端子はお客様にて取付けてください

AC入力ケーブル TYPE14 AC入力ケーブル TYPE14
TYPE 15 AC入力ケーブル TYPE15 AC入力ケーブル TYPE15
TYPE 16 AC入力ケーブル TYPE16 AC入力ケーブル TYPE16

マスタスレーブ制御用ケーブル

  • モデル名: PBR-MS□ケーブル

シェア端子取り付け済みの「シェアケーブル」(右の写真)と「並列制御ケーブル(LANケーブル)」をセットにしたケーブルです。
「シェアケーブル」の端子間の長さは約0.5mです。
2台のPBRをつなぐ時は約0.5m、3台のPBRをつなぐ時は約1mというように全長が変わります。
「並列制御ケーブル(LANケーブル)」は2台の時は1本、3台の時は2本、10台の時は9本が添付されます。

(例)

  • 2台構成の場合 …●シェアケーブル:0.5m(1本)●並列制御ケーブル:0.5m(1本)
  • 3台構成の場合 …●シェアケーブル:1m(1本)●並列制御ケーブル:0.5m(2本)
  • 10台構成の場合 …●シェアケーブル:4.5m(1本)●並列制御ケーブル:0.5m(9本)

台数によって型名が変わります。
モデル名の□内には接続する台数により2~10の数字を指定してご発注ください。2台のPBRでマスタスレーブを行う際は「2」、10台で行う際は「10」が入ります。

(例)3台接続用のシェアケーブル

接続イメージ

外形寸法

外形寸法については、こちらよりカタログをダウンロードし、ご参照ください。

ダウンロード

ダウンロードには会員登録が必要です。

本サイトでは、取扱説明書等の資料は全て最新版のみを公開しています。お持ちの製品によっては資料の版が異なる場合もありますのでご了承ください。

未登録の方はこちら

新規会員登録(無料)

会員の方はこちら

ログイン

電源装置