検索中...

  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン
  • CTソフトウェア|松定プレシジョン

X線撮影では知ることのできない立体情報を手軽に撮影可能

マイクロビューX線CTスキャナ

CT機能のメリット

  • 非破壊検査:対象物を分解せずに内部構造を可視化。
  • 高解像度イメージング:繊細な点まで捉える能力。
  • 3Dモデリング:立体的な画像でより深い分析が可能。
  • 多様な材料適用性:異なる密度や成分の材料に適用可能。
  • 迅速なデータ取得:スキャン時間の短縮による効率的な検査。
  • 高精度な計算:寸法などの正確な測定を実現。

いろいろとメリットのあるCTですが、綺麗な撮影には経験が必要です。
松定プレシジョンでは、長年の経験でお客様のCT撮影をサポートすることができます。

CTの原理

CTとは Computed Tomography の略で、コンピュータ断層撮影法とも呼ばれています。X線発生装置とX線検出器(カメラ)を用いて、X線画像(2D)を撮影します。撮影時にワークを回転させることで、多方向から撮影したX線画像が得られます。複数のX線画像を再構成ソフトウェアにより3D画像に変換します。

CTの原理|松定プレシジョン

ノーマルスキャンとオフセットスキャンの違い

ノーマルスキャンは、撮影したい試料の透過像の幅がX線カメラの幅より大きい場合、複数回に分けてCT撮影する必要がありますが、オフセットスキャンは、CT撮影時に試料の回転中心をX線カメラの中心から移動して撮影するため、広範囲のCT像を一度で取得することが可能です。

ノーマルスキャンの最大撮影領域
ノーマルスキャンの最大撮影領域|松定プレシジョン
オフセットスキャンの最大撮影領域
オフセットスキャンの最大撮影領域|松定プレシジョン

ラインナップ

オプション名 -CTN -CTDa -CTM CTDaX
スキャン ノーマルスキャン
ハーフスキャン
オフセットスキャン
再構成 ノイズ低減
メタルアーチファクト
ビームハードニングの低減
リングアーチファクト低減
簡易解析 ボリュームレンタリング
2D任意断層表示
MPR表示
3D任意断面表示
計測 寸法(距離)測定
確度計測
2D・3D内径計測
3Dフィッティング
3D粒子解析
ドローイング
DICOM形式の保存

※precision CT9600は-CTDaXのみ選択可能なオプションとなります。

機能

再構成

360度(または180度)全方向から撮影したX線透過画像から断面画像を得る機能です。
この機能により、対象物を切らずに断面を観察することが可能となり、非破壊での検査や品質保証に役立ちます。
再構成された断面画像を基に生成した3Dモデルは、対象物をあらゆる方向から内部を立体的に観察したり、3Dモデルの任意断面を表示することができます。

リングアーチファクト低減

二次元のスライス画像においてフィルタ処理をすることでアーティファクトを軽減することができます。

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX
リングアーチファクト低減(処理前)|松定プレシジョン リングアーチファクト低減(処理後)|松定プレシジョン

メタルアーチファクト低減

撮影した断面画像の金属アーティファクトを低減させる機能です。金属アーティファクトが低減した断面画像にて構造解析や内部観察が可能です。

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX
メタルアーチファクト低減(処理前)|松定プレシジョン メタルアーチファクト低減(処理後)|松定プレシジョン

2D表示

直径約6mm、高さ約10mmのコンデンサ

たとえば、直径約6mm、高さ約10mmのコンデンサを下記のように観察できます。

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX

任意断層画像表示

任意の位置の断面画像を表示できます。

任意断層画像表示|松定プレシジョン
任意断層画像表示

MPR(multi planar reconstructions)表示

3次元ボリュームデータの3方向からの断面画像を表示します。

任意断層画像表示|松定プレシジョン
MPR(multi planar reconstructions)表示

3D表示

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX

3D画像任意断面表示

ボリュームレンダリングされた3D画像の任意断面を表示することができます。

3D画像任意断面表示|松定プレシジョン

ボリュームレンダリング

XYZ全ての情報を併せ持ったボクセルデータから画像を生成して表示します。また視点を変えることにより全ての方向から見た画像を表示することができます。

3D画像任意断面表示|松定プレシジョン

解析機能

寸法測定

二次元画像上で指定した間の寸法測定ができます。その測定結果は三次元画像にも反映されます。(-CTNは二次元画像のみ可能)

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX
寸法測定|松定プレシジョン
寸法測定
寸法測定|松定プレシジョン
寸法測定

体積・表面積測定

読み込んだ三次元画像の体積や表面積を測定することができます。

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX
寸法測定|松定プレシジョン

最短距離測定

二次元画像上で最短・最長距離測定ができます。マウスドラッグで指定した範囲内を自動で計測し、最短部分と最長部分の寸法を表示します。その測定結果は三次元画像にも反映されます。

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX
最短距離測定(二次元画像)|松定プレシジョン
二次元画像
最短距離測定(三次元画像)|松定プレシジョン
三次元画像

任意オブジェクト分離

画像中の一部分を任意に抽出し、色をつけたり分離することができます。

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX
任意オブジェクト分離|松定プレシジョン

CADデータ出力

三次元画像の表面形状を多角形に近似して、点群ファイル(STL形式)として出力できます。

  • -CTN
  • -CTDa
  • -CTM
  • -CTDaX
CADデータ出力|松定プレシジョン

GD&T機能(幾何公差)

3D解析データを用いて、サンプルの形状・成形時の異物・巣などの接触式測定器具では確認できない箇所を測定することが可能です。
偏差・欠陥箇所の可視化によりサンプルの検査がスムーズに行えます。鋳型の設計・製造時の鋳巣の検査などに活用されています。

設計値/実測値比較

CTデータ(実測値)と、CADデータ(設計値)を比較することで形状の差異を可視化します。偏差は色により識別できます。

CADデータ|松定プレシジョン
CADデータ
設計時/実測値比較|松定プレシジョン
設計時/実測値比較

欠陥解析

サンプル内の欠陥箇所の正確な位置・サイズを知ることができます。また、サンプルの体積に対する欠陥の割合を算出できます。その他、様々な項目に対応します。

  • 直径(外接球)
  • 体積
  • 表面積
  • 位置xyz
  • 稠密度
  • 球形度
  • 間隔(欠陥同士の間隔)
  • 投影サイズxyz
X線3D表示|松定プレシジョン
X線3D表示
欠陥解析|松定プレシジョン
欠陥解析

肉厚解析

ADデータとCTデータから肉厚の解析、設計値に対する誤差を可視化します。誤差は色により識別できます。

肉厚解析|松定プレシジョン

肉厚解析(2D表記)

撮影した断面画像の金属アーティファクトを低減させる機能です。構造解析や内部観察がスムーズになります。

肉厚解析(2D表記)|松定プレシジョン

仕様

仕様については、こちらよりカタログをダウンロードし、ご参照ください。

サンプル画像

樹脂成形品|松定プレシジョン
樹脂成形品
モーター|松定プレシジョン
モーター
電池(左アルカリ電池・右リチウムイオン電池)|松定プレシジョン
電池(左アルカリ電池・右リチウムイオン電池)
錠剤|松定プレシジョン
錠剤
筆|松定プレシジョン

ダウンロード

ダウンロードできない場合の解決方法

ダウンロードできない場合、以下の方法をお試しください。

  1. Ctrl+F5を押下し、WEBブラウザのキャッシュをクリアして、お試しください。
  2. WEBブラウザを再起動のうえ再ログインして、お試しください。
  3. ご利用のWEBブラウザを変更して、お試しください。
  4. パソコンを再起動し、再度お試しください。
  5. 別のパソコンで、再度お試しください。

ダウンロードには会員登録が必要です。

本サイトでは、取扱説明書等の資料は全て最新版のみを公開しています。お持ちの製品によっては資料の版が異なる場合もありますのでご了承ください。

未登録の方はこちら

新規会員登録(無料)

会員の方はこちら

ログイン

X線非破壊検査装置

X線非破壊検査装置に関する製品を探す